子どもの歯列矯正治療

お子さまのための、健康的な歯並び矯正

何歳から始めれば良いですか?というご質問を頂きますが、始める時期は、子どもそれぞれに適正な時期があります。不正咬合により骨の成長等に悪影響が出る場合は、すぐに治療を始めた方が良い場合もあります。

子どもの矯正の場合も、治療を始める前には詳しい検査を行います。矯正治療を行う際に、相談へ行くと健康な歯まで「抜かないと治らない」と言われてしまうケースが多くございます。キッズ矯正では、精密な検査と診断のもと、健康な歯を抜かずに治療を行います。成長期の間に、正しい咬み合わせへと修正してあげることで、見た目だけではなく健康的にも、お子様の将来に良い影響を与えます。

 

お子様の様子について、ご相談下さい。
●いつも口が開いている
●前の歯・下の歯が前に出てきている
●ガタガタしていて、磨きにくい歯並び
●舌を出したり、爪を噛む癖がある など

 
 

お子様の歯並びはどのタイプ?

歯並びには、さまざまな種類があります。お子さまのタイプはどちらになりますか?

子どもの歯並びの特徴

大きく3つの特徴があります。

治療方法

お子さまに合った治療方法をご提案いたします。

矯正治療が必要な理由

見た目だけではなく、お子さまの成長に関わる大切な理由があります。

顎の成長のバランスを整えながら美しい顔立ちへ導く

指しゃぶりや舌の癖が一度ついてしまうと、歯並びのみならずさまざまな悪影響をもたらします。適切に発育がなされないと、普段からお口を開ける癖がついてしまうことにもなりかねません。早期から矯正治療を行うことで、これらの機能の発育を促し、お口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングを行いながら、正しい筋肉バランスや位置関係、機能を取り戻していきます。

歯並びや癖を改善することで、顎やお顔の成長を本来あるべきバランスまでもっていきます。放置すれば外科的手術を免れないケースであっても、早期に矯正治療を開始することで回避することができます。矯正治療によるお顔つきや顎の発育コントロールは、子どもの頃しかできません。だからこそ、この時期の矯正治療は大切なのです。

短期間での矯正で済む

早いうちから始めることで、永久歯が正しい位置に生えるよう誘導することができます。これによって、将来本格的な矯正が必要とならずに済む場合もあります。

健やかな精神発育を促すことができる

出っ歯や受け口などの口元の悩みによって、内向的な性格になる場合があります。これらのコンプレックスを早期に取り除くことで、健全な精神発育を促します。

歯並びコーディネーターによる無料相談

当院で実際に矯正治療を経験した、歯並びコーディネーターの専任スタッフが患者様のお声を丁寧にお伺いし、おひとりおひとりに合った治療方法をご提案いたします。


「初診相談に行くにはまだよく分からなくて不安・・・」

 

「矯正をする必要があるのか聞いてみたい」

 

「歯並びは悪いと思わないけど咬み合わせがよくないと感じている」


等どんな事でも、歯に関するさまざまなお悩みを御相談ください。

※レントゲン撮影はありません。

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正