大人の矯正

 
 

歯並びや、かみ合わせは、

100人いれば100通りの種類があると言われています。歯並びが まったく同じ人はいません。

ですから、矯正治療を受けていただく前に、原因をしっかりと見極めて、あなたのための治療計画を立てなければなりません。

あなたの歯並び どのタイプ?

矯正治療をする前に、あなたの歯並びや咬み合わせの状態と、その原因(なぜ歯並びや咬み合わせが悪くなったのか)をしっかりと調べる必要があります。

見た目だけで判断するのではなく、原因を見極めることが治療を成功させるカギです。見た目は誰が見てもわかりますし、他の本やホームページなどを見ればいくらでも書いてあります。ですから、前歯の見た目の違いついては簡単な説明のみとさせていただきます。


いずれの歯並びも、それに至った原因がかならずあります。それを検証することが治療の第一歩です。


さて、あなたの歯並びはどのタイプでしょうか?

 

叢生(そうせい)

◇歯が乱ぐいになっている

叢生とは、前歯、あるいは奥歯も、互い違いにデコボコに並んでいる状態をいいます。いわゆる「乱ぐい歯」です。

よく、アゴの骨の大きさと歯の大きさのバランスが取れていないから、乱ぐいになるといわれます。

実際、アゴと歯の大きさのバランスが悪いこともありますが、原因はそればかりではありません。

見た目だけで判断するのではなく、なぜそうなるのか、よく考えて矯正治療をするべきです。

 

 

反対咬合(はんたいこうごう)

◇下の歯が上の歯より前に出ている

「受け口」ともいわれますが、下の歯が上の歯より前に出ていて、咬み合わせが逆になっている状態です。反対咬合には、
1.「歯」だけに問題がある場合
2.アゴの骨に問題がある場合
があります。いずれの場合も、受け口になる原因をしっかりと見極める必要があります。

下アゴが出ていて骨格の見た目が気になる場合は、アゴの骨を切る手術が必要な場合もありますが、健康な歯を抜かないで、アゴの手術をしなくても、受け口の咬み合わせを治すことが可能です。

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

◇上の前歯が出ている(出ているように見える)

上顎前突には大きく分けて、
1.上アゴの前歯が出ている場合
2.下アゴが後ろに下がっていて、上アゴの前歯が出て見える
場合の2つがあります。

同じように見えて、原因はさまざまですので、矯正治療をする前にしっかりと調べる必要があります。

 

 

 

 

開咬(かいこう)

◇前歯が咬み合わない

開咬とは、奥歯を咬み合わせても、前歯が咬み合わない状態をいいます。

開咬になると、前歯で食べ物を噛み切ることができません。また、発音も息が漏れて不明瞭な場合もあります。

幼少期においては、指しゃぶりをしていると開咬になることもありますが、やめると自然に治ることもあります。

さまざまな原因がありますので、よく見極める必要があります。

 

 

 

 

過蓋咬合(かがいこうごう)

◇上の前歯が下の前歯を深く覆う

過蓋咬合とは、咬み合わせが深い状態です。奥歯で噛むと、前歯が深く噛みこんで、下の前歯がほとんど見えない人もいます。

ひどくなると下の前歯が上の前歯の裏側の歯肉に食い込むようになり、歯肉を傷つけたり、上の前歯が押されて前に出ていく可能性もあります。

過蓋咬合では、アゴの関節に大きな負担をかけている場合があります。今は何も症状がなくても、高い確率で起こるアゴや歯への悪影響に備え、治療するべきです。

 

 

 

 

顎偏位(がくへんい)

◇左右の咬み合わせがズレている

顎偏位とは歯を咬み合わせたとき、右あるいは左に咬み合わせがズレている場合をいいます。

前歯を見ただけで左右のズレがすぐにわかる場合もありますが、奥歯に咬み合わせのズレがある場合は、本人でも気づいていない場合があります。

長年、左右の咬み合わせがズレた状態になっていると、使う筋肉も偏ってしまい、見た目だけではない体の不調も起こしやすいといわれています。

健康な歯を抜いたり、アゴの骨の手術をしなければ治らないとされることが多いのですが、現在では健康な歯を抜いたり、手術をしたりしなくても、治せるようになってきました。

 

歯並びコーディネーターによる無料相談

当院で実際に矯正治療を経験した、歯並びコーディネーターの専任スタッフが患者様のお声を丁寧にお伺いし、おひとりおひとりに合った治療方法をご提案いたします。

 

「矯正をする必要があるのか聞いてみたい」

 

「歯並びは悪いと思わないけど咬み合わせがよくないと感じている」


等 どんな事でも、歯に関するさまざまなお悩みを御相談ください。

★ 叢生(そうせい)

 叢生は、一般的には「乱ぐい歯」ともいわれ、患者さんが気にされる歯並びのトッ プです。当然、矯正治療を受けようと思う方も多いのですが、乱ぐい歯に至っ た原因を考えて治療計画を立てることはまだまだ少ないようです。他の病気の治療と同じように、矯正治療でも原因をなくさなければ根本治療とはなりません。ここでは乱ぐい歯の原因に非常に多い、親知らずが原因の一つとなっているケースを元に見ていただきましょう。 写真は、19 歳の男性の歯並びです。この写真を見て誰もが前歯の乱ぐい状態を気にするでしょう。一般的に歯科医院でも、重なった前歯を並べるためのスペースがないと判断 する場合が多いのです。結果的に、スペース確保のために第一小臼歯を抜くと診断し、 矯正治療前に抜歯します。この方も矯正歯科で第一小臼歯を4本抜かないと並ばない といわれたそうです。しかし、前歯が乱ぐいになったのは、前歯が原因ではなく奥歯 に原因が潜んでいて、結果として前歯に症状が現れていると診断すれば、治療法は全然違ってきます。歯の状態やレントゲンを見るとよくわかりますが、歯が前方と内側 に向かって倒れていますね。最後方には親知らずが横向きに埋まっているのもわかります。このような状態の親知らずは、アゴの奥行きがなく、手前の歯に引っかかって 生えてくることができません。埋まっている親知らずの生えてこようとする力は強大 で、どんどん前歯まで倒していく原因となります。この場合、原因の一つとなっている親知らずは抜かなければなりませんが、そのほかの歯は原因ではなく結果として生える方向が悪くなっているだけですので、抜く必要はありません。むしろ 28 本の歯を機能さ せ、咬み合わせを安定させるために必要な歯ですので、抜いてはいけません。すべての歯を本来生えてくるべき軸方向に正せば、結果的に前歯もきれいに並びます。

★ 反対咬合(はんたいこうごう)

受け口ともいわれますが、これも小臼歯を抜かないと矯正できないとよくいわれる 咬み合わせです。その成り立ちは、奥歯からの前方への押し出し現象があります。「叢生」の成り立ちと同じく、親知らずが原因になっている場合も少なくありません。  叢生の場合には、前歯にしわ寄せが集まり、いき場のなくなった前歯が重なっていきますが、反対咬合の場合には下の前歯が重ならず、さらに前に出ていこうとしたと 考えるとわかりやすいかもしれません。写真は、 20 歳の男性の歯並びです。いわゆる受け口の状態ですが、矯正歯科を受診したところ、下アゴの第一小臼歯を2本抜くと診断されました。歯を抜いてその部分 まで下の前歯を引っ込めようという考えです。しかし、原因の1つに、奥歯からの前 方への倒れ込みがありました。小臼歯を抜いたにもかかわらず、原因が奥歯にあり、原因を除去されていない場合、反対咬合がなかなか改善されない場合があります。 倒れた奥歯は、毎日噛んで使われているうちに、さらに前へ倒れてくるためです。また、手術を勧められることも多いのですが、咬み合わせに原因がある場合 は写真のように治療が可能ですので、手術の必要はありません。

★ 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

現代人には、上顎前突、いわゆる出っ歯が増えてきているといわれています。ヨー ロッパの統計でも、1920 年代は 10 %強の発現率だったのが、1990 年代では、 40 ~ 50 %にまで増加しています。  日本人においても、上顎前突が増えている傾向があるようです。しかし、この上顎 前突という分類は、見た目での分類で、機能的な分類ではありません。上顎前突には 大きく分けて2つの種類があります。 ①上アゴの前歯が出ている場合 ②下アゴが後ろに下がっていて、上アゴの前歯が出て見える場合  そして、国民の少なくとも4人に1人は、成長期を通じて出っ歯の中でも、下アゴ が後退している②のタイプの不正咬合が発現し、問題が多い咬み合わせであるといわ れているのです。なぜ、その不正咬合は問題となるのでしょう? それは、下アゴが 後退しているタイプの不正咬合は、アゴの関節に不調をきたす確率が高いからです。 2人の横から撮影した写真を見てください。どちらの方も来院されたときには、「出っ 歯」が気になるといって、治療を希望されていました。横から見ると、たしかに上の 前歯の方が下の歯に比べて出ているように見えます。ここで矯正歯科でよくいわれることは、2人とも同じです。上の前歯を 中へ入れるために、歯を抜いて引っ込め ましょう。はたして、この2人の矯正治 療は同じ方向性で治せるのでしょうか?  結論からいいますと、それは間違いで す。奥歯の咬み合わせの状態と下アゴの 顔面骨格における位置を見れば違うタイ プの不正咬合だということがわかりま す。Aさんは①のタイプで、Bさんは② のタイプです。もしBさんの口元を下ア ゴの位置にならって引っ込めたら、後退 した下アゴの方に上アゴはついていって しまいますから、口元は貧弱になり、下アゴの先端も入って見えるようになるでしょ う。その違いはレントゲン上で、はっきりわかります。Bさんには、アゴの動きを十 分に考慮したうえで、下アゴの位置を補正する必要があります。そのための奥歯の高 さのコントロールが必要です。

★ 開咬(かいこう)

前歯が咬み合わない状態を治療するのは非常に難しいとわれてきましたが、現在で は比較的治療しやすい咬み合わせになってきました。従来、前歯が咬み合わないのを 治すには、前歯を引っ張り合って近づけるようにするしかないと思われていました。 ですから、その離れている距離が大きい場合は、小臼歯を抜いて歯列全体の距離を縮 めて上下の距離を短くしたり、アゴの手術をするしかないといわれてきました。この ような手法は対症療法的でした。しかし、開咬の原因を考えていくと、それらの手法 では根本的には治らないことがよくわかります。他の不正咬合と同様に、やはり原因 は奥歯にあります。横から撮影したレントゲンを見るとよくわかります。本来、上下 の歯が咬み合っている場合、咬み合わせの面は一つですが、開咬の場合、咬み合わせ の面が2つあります。それは、上下の全体の歯が咬み合おうとする力よりも、奥歯が 斜め前に向かって出てくる力が大きい場合に起こります。また、咬み合わせの力が奥 歯に集中するので、アゴの関節に負担が大きくなります。アゴの関節の機能検査をし たうえで、咬み合わせの面をどの角度に設定し、1つの面にするかを決めなければな りません。  写真のケースでは、親知らずの影響で、奥歯が前へ倒れてきて、前歯がそれにならってすべて前倒しになっています。また、下アゴは後方へ引く筋肉に引っ張られて下がっ ていく傾向がありました。アゴの関節への負荷を減らす目的も加えて、倒れている歯 を正しい方向に立て直し、咬み合わせの面をアゴの動きから計算した角度に設定して いくと、自然と前歯が咬み合うようになります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

咬み合わせが深くなるのも原因があります。写真のケースでは、上の歯が生えてこ ようとする力が低下し、奥歯の咬み合わせの高さは低くなっています。それに伴って、 咬み合わせの面は前歯と奥歯で傾斜角度が違ってしまっています。そうなると、下ア ゴは咬み合わせの力の強い方へ引っ張られてしまいます。結果的に奥の方に下アゴの 位置はもっていかれて、前歯の見た目としては下の前歯が見えにくくなります。この ような場合は、積極的に奥歯の咬み合わせを高くしていく必要があります。そうする ことにより咬み合わせは浅くなり、適正な位置で前歯が咬めるようになります。もちろん、上下の前歯の角度は、 その方のアゴの動きにより理想的な角度を求めたうえで、 設定しなければなりません。

★ 顎偏位(がくへんい)

治療するのが困難な咬み合わせといわれています。前から見ると、左右のズレがあ ります。このズレは、前歯がゆがんでいるのではありません。奥歯の押し出す力や、 咬み合わせの高さが左右で違うためにおきた症状です。写真のケースでは、アゴの動 きを調べると、歯の位置異常により、下アゴが上アゴに着地する地点がずらされてし まっているのがわかりました。咬み合わせの高さは、右側が低くなり、低い方へ偏位 (右にアゴがずれている)してしまっていますので、奥歯の高さと傾斜を正しくする と、結果的に前歯の真ん中も合ってきます。さらにレントゲン上では下アゴの親知ら ずが左側だけ存在し、右側に は先天的にないことがわかり ます。やはり、左側の親知ら ずが生えてこようとする力が 手前の歯を押し出し、左側の 咬み合わせが高く、相対的に 右側の咬み合わせが低くなっ てしまったのでしょう。このようなケースでも第一小臼歯を片側だけ抜いて、前歯の真ん中をそろえようとする手 法がありますが、原因を考えるとまったく意味のないことであるのがわかります。平 面的に咬み合わせを捉えるのではなく、3次元的に咬み合わせを考えなければ良い治 療結果は得られません。また、咬むための筋肉の使われ方も左右でアンバランスにな りますので、早目に治療した方がよいケースです。

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正