矯正装置の種類

ワイヤー矯正

 
 

歯のおもて側または裏側の表面に、ブラケットと呼ばれる装置を着け、ワイヤーをとめて歯ならびを治していく治療方法です。

 

 

インビザライン

目立ちにくく、取り外しができるマウスピース矯正です。
おひとりおひとりに合わせて作製される透明のマウスピースを歯に装着し、治療の段階に合わせて新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

インビザラインティーン

歯並びがよくなることで見た目のコンプレックスを取り除くだけではなく、歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病からお子様の歯を守ります。
そして、咬み合せが良くなると食べ物も美味しく食べやすく、集中力も向上します。

コンピューターによるシミュレーションを行い、10代の歯の生え変わり時期の矯正にも対応できる、インビザライン ティーン。
ワイヤー矯正と比べ、楽器の演奏やスポーツなどへの影響も少なく、部活動に入っている小・中学生もはじめやすい治療方法です。
また、矯正装置の見た目が気にならないので、思春期の時期のストレス負担も軽減します。

 

床矯正

取り外し可能な装置であごを拡げて歯を並べる治療方法です。

早期治療にも有効です。

筋機能トレーナー

トレーナーを使って舌を突き出したりする癖を直したり、口呼吸を防いで、萌えてくる永久歯を正常な歯列へ導きます。

歯並びコーディネーターによる無料相

当院で実際に矯正治療を経験した、歯並びコーディネーターの専任スタッフが患者様のお声を丁寧にお伺いし、おひとりおひとりに合った治療方法をご提案いたします。


「初診相談に行くにはまだよく分からなくて不安・・・」

 

「矯正をする必要があるのか聞いてみたい」

 

「歯並びは悪いと思わないけど咬み合わせがよくないと感じている」


等どんな事でも、歯に関するさまざまなお悩みを御相談ください。

※レントゲン撮影はありません。

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正