過蓋咬合

症例

咬み合わせが深くなるのも原因があります。

 

 

写真のケースでは、上の歯が生えてこようとする力が低下し、奥歯の咬み合わせの高さは低くなっています。

 

 

それに伴って、咬み合わせの面は前歯と奥歯で傾斜角度が違ってしまっています。

そうなると、下アゴは咬み合わせの力の強い方へ引っ張られてしまいます。

 

結果的に奥の方に下アゴの位置はもっていかれて、前歯の見た目としては下の前歯が見えにくくなります。

 

このような場合は、積極的に奥歯の咬み合わせを高くしていく必要があります。

 

そうすることにより咬み合わせは浅くなり、適正な位置で前歯が咬めるようになります。

 

もちろん、上下の前歯の角度は、その方のアゴの動きにより理想的な角度を求めたうえで、設定しなければなりません。

当院で実際に矯正治療を経験した、歯並びコーディネーターの専任スタッフが患者様のお声を丁寧にお伺いし、おひとりおひとりに合った治療方法をご提案いたします。


「初診相談に行くにはまだよく分からなくて不安・・・」

 

「矯正をする必要があるのか聞いてみたい」

 

「歯並びは悪いと思わないけど咬み合わせがよくないと感じている」


等どんな事でも、歯に関するさまざまなお悩みを御相談ください。

※レントゲン撮影はありません。

 

 

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正