インビザライン

矯正治療には興味があるけど・・・

好きな物を思いっきり食べたい


隅々まで歯を磨きたい


フロスをしたい

 

見た目が気になる


口内炎が心配

 

 

ワイヤー矯正治療には踏み切れない方に、

マウスピース矯正(インビザライン)という方法があります。

マウスピース矯正とは

ひとりひとりの歯の状態に合わせてカスタムメイドで作製された、薄く目立ちにくい透明のマウスピースで行う矯正治療の方法です。アライナー矯正やインビザライン矯正などと呼ばれることもあります。

ブラケット矯正とマウスピース矯正の違い

ブラケット矯正は、歯にメタルやセラミックなどの装置を着けるため、表側に装着した場合は歯が見えたときに装置が目立ちます。また、取り外しができないため歯磨きが難しいと感じるでしょう。マウスピース矯正と比べると費用が抑えられ、治療期間も短いと言われています。


マウスピース矯正は、装置が透明で取り外しもでき、周りから気が付かれにくいのがメリットです。決められた日にマウスピースを交換し、一日のうちに決められた時間の装着が必要ですので、自分でしっかりと管理することが重要となります。通院頻度が少ないため、忙しい社会人に人気の治療方法です。

 

どの治療方法にもメリット、デメリットは存在します。マウスピース矯正は、見た目上ブラケット矯正を諦めなければならない人などにとっても大変メリットの多い治療方法です。歯科医師と相談しながら、ブラケット矯正とよく比較して矯正装置を選択しましょう。

インビザラインとは

米国で1997年に誕生し、2006年から日本でも用いられるようになりました。歯がガタガタに生えている叢生という不正歯列や、後戻り(矯正治療後、何らかの原因で歯が動いてしまうこと)などさまざまな症例に適応です。しかし、不正歯列の原因が骨格性の場合は現在適応しないと言われています。精密検査を行った上で、治療方法を決めることが大切です。

見た目も機能も◎

インビザラインはおひとりおひとりの歯に合わせてカスタムメイドされた 透明のマウスピースを使用して歯並びを治していきます。 目立ちにくいだけではなく、正確な位置へと歯を導くよう、計算されて作られています。

お口の中を清潔に保てる

歯並びを治療している間も、ブラケットやワイヤーを着けないので 食べ物が装置に引っかかる心配はありません。 マウスピースは取り外し可能で、食事中や歯磨きの時間は外しておくことができます。 そのため、いつでもお口の中を清潔に保つことが可能です。

インビザラインでの治療方法

インビザラインの基本的な治療方法は、1週間から2週間に一度新しいマウスピースに交換するというものです。マウスピースひとつにつき歯を約0.25mm動かします。 食事と歯磨きのとき以外はマウスピースを常に装着していただき、最低1日に20時間以上の装着が必要です。 決められた時間をしっかり守って使用しないと、歯に力が十分に伝わらず、計画に沿った治療ができなくなる可能性があります。 外食などで食事の時間が長くなりそうなときには、一通り食べ終わったタイミングで装着するなど、工夫することになるでしょう。 インビザラインは患者さんと歯科医院が二人三脚で行う治療方法なのです。

(当法人が運営しているサイトです。)

歯並びが良くなると・・・

  • あなたの素敵な笑顔など、気がついていない自分の魅力に気が付くことがあるかもしれません。
  • 入学、就職、成人式、結婚式、などさまざまなイベントも美しい歯並びと笑顔で迎えることができます。
  • バラバラに並んでいたり、歯が重なっているよりも、清潔に保つことが容易になります。
    お口の中の病気を防ぎ、失うはずだった歯を守ることができるかもしれません。
  • 不正歯列により強く当たりすぎていた歯の、摩耗や割れなどを防ぎます。

インビザラインでの歯列矯正治療

当院は見た目だけではなく、小臼歯の非抜歯・顎の位置や機能も重視しております。

 

  • インビザラインは、患者様お1人お1人にカスタムメイドされたマウスピースを2週間おきに新しいものと交換していきます。マウスピースは患者様自身での装着・取り外しが可能です。
  • それぞれのマウスピースは、治療計画に沿って、望ましい位置に歯が動いていくように作られています。歯をゆっくりと移動させていき、理想の形へと近づきます。
  • 飲食時や歯みがき・デンタルフロスの使用は外していただき、1日に20~22時間装着します。
  • インビザラインは患者様の歯の写真、レントゲン、歯の模型などをもとにデータ分析され、カスタムメイドで作製されます。
  • 世界では600万人以上の患者様がインビザラインで歯列矯正治療をしているという報告があります。(2019年1月現在)

インビザラインでの歯列矯正治療に入る前に

患者様の希望をご相談時に細かくしっかりとお伺いし、一緒に治療の進め方を考えていきます。
検査と診断を行い、治療が適しているか、治療を進めていくか、判断した上で治療に入ります。

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正