ワイヤー矯正は真っ直ぐなワイヤーから複雑な形のワイヤーを用いて歯を一本一本、正しい位置や向きに動かしていくことが可能です。

矯正治療を行う際は初診相談→精密検査→診断までの流れがとても大切です。初めにしっかりと歯や顎の動き、骨格のデータをとって治療計画を立てておかないと、治療の失敗、後戻りの原因にもなります。

当院の矯正治療は、機能美を求め、「健康な歯を抜かずに」綺麗な歯並びと正しい咬み合わせへと導く治療を行っております。

ワイヤー矯正(表側)

ブラケットと呼ばれる小さな装置を歯の表面に接着し、その上にワイヤーを乗せてゴムで留めていき、治療をします。矯正治療としては一般的な方法で、さまざまな歯並び・咬み合わせに適応しています。

 

歯を一本一本動かすことができますので、複雑なねじれのある歯、反対咬合なども治療することができます。

ワイヤー矯正(表側)のメリット

●裏側のワイヤー矯正と比べて費用が安い

裏側のワイヤー矯正には高い矯正治療の技術が必要になるため、費用も高くなります。

 

●裏側のワイヤー矯正と比べて治療期間が短い

非抜歯矯正治療では歯のアーチを拡げる必要がありますので、表側から装置を着けた方が裏側から着けるよりも拡げやすくなり、歯を動かしやすいので期間も短く済むケースが多いです。

 

●歯磨きしやすい

矯正治療中は食べ物がブラケットやワイヤーに挟まり汚れが溜まりやすくなります。表側にワイヤーが着いていれば目に見えて汚れがわかりますのでしっかりと磨き、歯を清潔に保つことができます。

 

●発音に影響を与えにくい

歯の表側に装置が着くので、舌が装置に当たり発音がしにくいという心配がありません。(表側のワイヤー矯正の場合でも、裏側にも装置を着けることがあります。)

ワイヤー矯正(表側)のデメリット

●見た目が目立つ

ワイヤー矯正の装置を歯の表側に着けて治療している人を一度は見かけたことがあるかもしれません。見て分かるように、装置を着けている事がわかります。

表側のワイヤー矯正でも、白い装置を使うことにより、目立たなくさせることも出来ます。

ワイヤー矯正(裏側)

ブラケットを歯の裏側に着けて治療していきます。上の歯は目立つので裏側矯正、下の歯は目立ちにくいので表側のワイヤー矯正を選ぶことも可能です。

ワイヤー矯正(裏側)のメリット

●目立たない

歯の裏側に装置が着くので、他の人から見ても矯正していることが分かりません。

ワイヤー矯正(裏側)のデメリット

●表側のワイヤー矯正よりも費用が高い

表側のワイヤー矯正のメリットでも述べたように、裏側の矯正治療は高い技術が必要です。特に非抜歯矯正治療の場合はどの歯科医院でも出来る治療ではありません。

 

●発音に影響を与えやすい

歯の裏側に装置が着くと想像以上に喋りにくく感じます。慣れると多少喋りやすくなりますが、舌に装置が当たる状態ですので、違和感を感じます。

 

●歯磨きしにくい

装置が着いていない状態でも歯の裏側は磨きにくいですよね。さらに装置が着くと食べ物や汚れが溜まりやすくなりますが、しっかりと全て落とすのは難しいですし、歯磨きに時間がかかります。歯磨きに時間が取れないでいると、虫歯や歯周病リスクも高くなります。

ワイヤー矯正のQ&A

差し歯など人口の歯があってもワイヤー矯正できますか?

可能です。

差し歯などに装置を着ける場合は、歯の根っこがしっかりとしているか確認してからの判断となります。

通い切れるか心配です。

ワイヤー矯正の場合は3週間に1回のペースで通院することとなります。

お仕事の忙しい方、遠方から通院されて治療を終えられた患者さんも多くいらっしゃいます。

通院でご不安な点がありましたら、初診相談の時にご相談ください。

妊娠しても治療できますか?

可能です。

レントゲンの撮影を控えますので、精密検査などは、妊娠する前か出産後に行ないます。

つわりで歯磨きが充分にできないという事を考えると、出産後に治療を開始したほうが良いという見方もありますが、ご本人の意思によります。

出産が近くなったら治療を一旦ストップし、出産後落ち着いてから治療を再開することができます。

痛みや汚れが気になりませんか?

痛みは来院後2,3日程度、噛んだ時に歯が動く痛みを感じますが、それ以降は徐々に痛みは落ち着いてきます。

装置の隙間を磨きやすい小さなヘッドの歯ブラシや、装置がお口の中に当たる場合につけるワックスなど、矯正治療時に使えるデンタルグッズもご用意しております。

裏側と表側の選び方

費用や期間も人によって異なりますので、初診相談と精密検査を行って決めていきます。

まずは、ご相談ください。

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正