スタッフBLOG

2019.07.30更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/7x5GKSVFgDo

 

動画では、非抜歯矯正を選択した理由や、抜歯をして体調を崩されたという経験をお話しされています。

 

 

 歯は抜いたほうがいいの?抜かないほうがいいの?という質問に関しては、「どんな人にもこっちが絶対に正しい!」とは断言できません。

 

それぞれの歯並びによって適合するかどうかというのもありますが、考え方、仕事柄どうしても抜いて短期間で前歯だけ並べなければならないなどの事情があるためです。

 

しかし、少なからず健康な歯を抜くことにはデメリットがあります。

 

健康な歯を抜いて歯を並べましょう!とは簡単に言えません。

 

 多くの矯正歯科では前から4番目の左右の歯を抜くことが多いのですが、この歯には顎の位置を決める要素があるのです。

 

そんな大切な役割のある歯を抜いてしまうと何が起こるかは想像ができますね。

 

抜歯矯正を考えている方は、セカンドオピニオンを視野に入れて、非抜歯矯正の考え方も知っておくことをおすすめいたします。

 

 magnifier当院では非抜歯矯正の初診で「今の歯の状態」や「なぜ非抜歯で並べることが可能なのか」など治療方針について詳しくお話しさせていただいています。

院長の書籍、『抜かない歯の矯正』でも知識を深めることができます。(図書館などでお読みいただけます。お問い合わせいただければ、非抜歯矯正治療をお考えの方には無料でプレゼントさせていただいております。)

 

 

安易に歯を抜いてしまい、後悔されている方もいらっしゃるのです。

 

抜いた歯を戻すことはできないので、矯正治療の方法を決定する際には、慎重になりましょう。

 

 

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

2019.07.28更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介light bulb

 

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/L43R0WJumUk

 

矯正治療前に型どりをして作成した模型と、治療後の歯のシミュレーション模型を見比べています。

 

矯正治療前の下の歯の面の傾斜を見てみると、均一でなく、左右でもまた違います。

 

特に右側の傾斜がきつくなっていて、噛んだときに右側の歯が先に当たってしまっていたようですね。

 

傾いた歯を起こすなど、まっすぐに揃えるためにも、ワイヤーとゴムを使う段階はとても大切です。

 

 

上の歯も見ていきましょう。

 

今回K様は、上の歯はアーチを広げるために2種類のワイヤーを使用しています。

 

奥歯に不正歯列があることで前歯がガタガタになってしまっている場合は、抜歯をしなくてもアーチを広げて前歯が並ぶ余地をつくることが可能です。

 

内側に回転するように生えている歯を正しい向きに戻すことで、左側・右側の向かい合った歯の距離が広くなり、今まで並べていなかった歯を非抜歯で並べていくことができるようになります。

 

せっかく健康に生えている歯を失わないためにも、不正歯列の原因をしっかり調べてから矯正治療を開始することが大切ですね。

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

2019.07.03更新

当院の患者ケン様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/fKyQlSOjU1A

 

今回の治療内容は、マルチループワイヤーを歯の動きに合わせて調節し、歯に着けなおしていきました。

ケン様は目を閉じても着けられるくらいゴムかけに慣れてきたようで、上手ですihihandglitter2

 

ゴムかけが始まったばかりの最初のうちは、鏡を見ながら、down arrow下の写真のようなゴムを引っ掛ける道具をつかってゴムかけをする方が多いですが、徐々に慣れていき、鏡なしで直接手で着けられる方も多いですよnote2

難しいときは、スタッフにもかけかたのコツを聞いてみてくださいね。

 

矯正治療 ゴムかけ

引用:https://kennakagawa.com/kyosei059/

 

 

 矯正治療中のゴムかけって何?

マルチループワイヤーのフックのようにU字になった部分にゴムをかけます。

ゴムかけは矯正治療の間ずっと行うわけではなく、患者さんによって着ける期間が異なります。

 

ゴムかけって面倒だし、意味はあるの?

矯正治療中のゴムかけはとても大切です。

ゴムかけは、ゴムの特性をいかして歯を動かす役割があり、咬み合わせを改善します。

ワイヤーと併用して使用することに意味があるのです。

見た目が気になって外している時間が長かったり、1日中ほとんど交換しないことが続いたりすると、効果を得られず後戻りして治療期間が長引くことがあります。

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正