スタッフBLOG

2018.10.23更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

前回の動画では矯正治療で使用する顎間ゴムについての感想をお話していました。

今回は、矯正治療をはじめてからの変化についての動画です。

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/hanuAvvPHk8

 

dire1番の大きな変化が睡眠

 矯正前は今よりも下顎が後ろの方に位置していたため、起床時に体の緊張、疲れを感じていたそうです。

 

 

 

矯正治療は睡眠時無呼吸症候群の方にも良い影響を与えることがあります。

下顎の位置を正すことにより、上気道が確保できるため、無呼吸の症状の改善となるのです。

無呼吸の症状が改善されれば、睡眠の質も上がって朝すっきり目覚められるようになります。

 

 

矯正治療は「歯の並びがガタガタ」など見た目の歯列不正を治すだけではありません。見た目ではわかりにくく、一見歯が並んでいるように見えて「矯正治療なんてしなくても大丈夫」なんて思われてしまう歯列不正もあります。

よく眠れない、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある、などお悩みの方は、一度歯並びについても考えてみてください。

正しいかみ合わせ・顎の位置に導くことで、楽に眠れるようになる可能性があります。

 

 

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

2018.10.23更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

前回の動画では矯正治療で使用する顎間ゴムについての感想をお話していました。

今回は、矯正治療をはじめてからの変化についての動画です。

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/hanuAvvPHk8

 

dire1番の大きな変化が睡眠

 矯正前は今よりも下顎が後ろの方に位置していたため、起床時に体の緊張、疲れを感じていたそうです。

 

 

 

矯正治療は睡眠時無呼吸症候群の方にも良い影響を与えることがあります。

下顎の位置を正すことにより、上気道が確保できるため、無呼吸の症状の改善となるのです。

無呼吸の症状が改善されれば、睡眠の質も上がって朝すっきり目覚められるようになります。

 

 

矯正治療は「歯の並びがガタガタ」など見た目の歯列不正を治すだけではありません。見た目ではわかりにくく、一見歯が並んでいるように見えて「矯正治療なんてしなくても大丈夫」なんて思われてしまう歯列不正もあります。

よく眠れない、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある、などお悩みの方は、一度歯並びについても考えてみてください。

正しいかみ合わせ・顎の位置に導くことで、楽に眠れるようになる可能性があります。

 

 

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

2018.10.19更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

前回までの動画では、マルチループワイヤーと呼ばれる少し複雑なワイヤーに変わり、ゴムかけも始まりました。

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/v89t6xq-vA8

 

矯正治療のゴムかけで使用するものは「顎間ゴム」と呼ばれる小さくて丸い輪っか状のゴムです。

 

手で伸ばすとちょっと力を入れないと伸びないような、強さのあるゴムです。

お口の中の状態によってゴムをかける場所は変わります。

 

 

ゴムをかけ始めたばかりの頃は

・痛い!

・面倒くさい

・すぐ切れる

 

なんて、感じることもあるかもしれません。

 

しかし、

dire自分でも咬み合わせが良くなる感覚を味わえる

dire痛みがあるのは歯が動いている証拠。モチベーションが上がる

dire歯磨きをしっかり行う意識づけになる

と、ポジティブに考えることもできます。

 

こんな小さなゴムでも、歯を正しい位置に導いていく大切な役割をしてくれるのですglitter

矯正を始めるにあたって、ゴムかけが心配。。装置のことが心配。。

というお悩みがございましたら、当院のスタッフへお気軽にご相談くださいね。

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正