2020.06.26更新

 


myoDays Diary

____

 

HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎筋機能矯正装置を作る歯科技工士さん

 

 


teeth model 

 

 

筋機能矯正装置を作る歯科技工士さん

Posted on June 26, 2020 by Mayuko Goto

 

皆様こんにちは!

 

歯科衛生士・マイオファンクショナルセラピストの後藤です。

 

今日もMFTの部屋をご覧いただきありがとうございます。

 

今回の内容は、私たち歯科医療機関の一従事者、歯科技工士。

 

そして歯科技工士によって作られる特殊な矯正装置についてお話したいと思います。

 

|Dental Technician

歯科技工士・歯科技工所

 

denture

 

皆様は『歯科技工士』という職種をご存知ですか?

 

歯科技工士とは医療技術専門職であり、『厚生労働大臣の免許を受けて、歯科技工を業とする者をいう。』とあります。(厚生労働省 歯科技工士法参照)

 

要するに、虫歯治療で削った歯の部分を補う、歯の被せ物(銀歯、差し歯、白い被せ物など)や、歯がない部分に装着する、入れ歯。そして矯正装置。

 

これらの物を歯科医師の指示のもとに作製してくれているのが歯科技工士さんです。

 

さかのぼること、2020年2月。

 

筆者が参加した名古屋で行われたMFTのセミナーで、筋機能矯正装置専門の技工士、小澤さんとのご縁に恵まれました。

 

取り扱っている装置を伺うと、まだ実際に目にしたことのない特殊な矯正装置(筋機能矯正装置)ばかりでした。

 

『複雑な形の装置はどのように作られているのだろう.....実物を見てみたい!』と興味を持ち、作業している所を見学させてもらいたいという筆者の要望に対し、笑顔で『いつでも来て下さい!』と寛大に受け入れて頂き、早速2月末に、技工所を案内していただけました。

 

今回の記事では、見学にいった時の様子を皆様にも提供させて頂きますね。

 

歯科医院では歯科技工士・技工所との連携は欠かせないものですが、実際技工所まで足を運ぶことはないものです。

 

専用の製作物の指示を書く技工指示書と言う用紙に記入をし、時には電話やメールを使ってのやりとりがほとんどになります。

 

患者の立場の皆様は歯科医院に行く機会はあっても技工所を目にすることはありませんよね。

 

歯科衛生士の私も実はありません。(※病院や歯科医院によっては院内に技工所が設置されている診療所もあります。)

 

そんな貴重な職場の様子の一部分を、皆様にも一緒に知ってもらい興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

|東京都立川にある歯科技工所【かおいく技工室】

 

それでは今回見学させて頂いた技工士さんと技工所の紹介を簡単にさせて頂きますね。

 

東京、立川で開業されている技工士、小澤さんは筋機能矯正装置という特殊な装置を専門に長年にわたり就いておられています。

 

小澤さんは技工物を作るだけではなく、歯科従事者向けに顔の成長、歯並び、口周りの機能についてや、筋機能矯正装置に関してのセミナーも開かれたり、また、それらを学びたい技工士さんの育成もしています。

 

私もこの日は筋機能矯正の種類をはじめ、沢山のノウハウを教えていただきたき、筋機能矯正についての興味が更に湧きました。

 

こちらが小澤さんの技工所 『かおいく技工室』 です。

 

lab1

 

玄関の扉を開くと、まるでカフェのような雰囲気。

 

仕事場はアパートの一室。

 

間仕切りもほとんどなく、壁一面の窓で、開放感いっぱい。

 

自作の木の壁がインテリアのアクセントに。

 

想像していた技工所とは大きくかけ離れていて、驚いたのを忘れられません。

 

lab2

 

作業スペースや収納力は申し分なし。

 

木の壁が空間をやんわりと包みます。

 

技工士、小澤さんが自らデザインした技工所は『人が集まれる空間』『シンプルな作業スペース』をキーワードに、特に配慮したオール電化、DIYの作業テーブル、ポータブルのバキュームなどを紹介してくれました。(技工物によってはガスが必要の場合があるけれど、矯正装置は電気でも代替が可能だそうです)

 

色々工夫して作られた職場はとても実用的で、その上、お洒落で居心地の良さを感じられる素敵な空間でした。

 

毎日の生活の中で最も長い時間を過ごす職場。明るく安らげる空間で働けるのは素敵ですね。

 

  pot

 

上図はプレッシャーポットという加圧釜。

 

技工所には欠かせない道具です。この釜で樹脂を固めます。

 

お部屋の案内をしていただいたあとは、今回特別に、実際にセミナーで使われているスライドを元にレクチャーをしていただきました。

 

そのスライドの一部をお見せしますね。このような感じです。 

 

power point

 

小澤さんのレクチャーの内容は....非常にわかりやすい!

 

誰もがわかるように、簡単に説明されていて、尚且つとてもシンプルで見やすいスライドです。

 

そして受けている皆が楽しめるアクティビティなどの工夫もしてあり、私も楽しませていただきました。

 

筋機能矯正に関してだけではなく、話の進め方やスライドの魅せ方まで学ばせてもらい、沢山の習得をさせていただいた小澤さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

小澤さんのセミナーご興味ある方々は是非お問い合わせをどうぞ!お勧めです。

 

 

|Myofunctional Orthodontic Apliance

筋機能矯正装置とは?

 

さて、先ほどから出てくる 『筋機能矯正装置』 とは何でしょう?

 

筋機能矯正装置は、取り外しのできる矯正装置であり、主に成長期のお子様の歯並びや顔の骨格成長を口周りの筋肉(口・頬・舌)の力を正しく使い、歯並びや骨格を改善していく装置です。

 

ヨーロッパ諸国では一般的な治療方法になります。

装置にも色々種類があり、目的により装置を使い分けていきます。

 

装着時間、調整方法、または調整の必要のない、つけているだけの装置もあります。

 

一人ひとりの骨格、歯並びに適切な装置を、検査をして選んでいきます。

 

 

なぜ筋機能矯正をするの?

 

 

矯正治療といえば代表的な昔からよく施術されている方法のひとつに歯の表面に一つ一つ装置をつけワイヤーで歯を動かす方法があります。

 

一度は見たことがありますでしょうか.....?(矯正装置の種類はこちら)

 

こちらの大きな特徴としては固定式という点と、年齢は成長期に限らず適応されます。

 

それに対し筋機能矯正はお子様の成長期に行う治療法です。

 

この方法は成長期の骨格の成長を正しく誘導することと、筋肉の力を使います。

 

口の周りの筋肉は、良くも悪くも歯並び及び、顔面の骨格の成長に大きな影響を受けます。

 

口、頬、舌の筋肉の絶妙なバランスで良い歯並びへと導きます。

 

例えば、口がポカンんと開いていて舌の力で前歯を押していると、前歯はどんどん唇の方向に押し出されます。

 

また舌の位置が口の下側に落ちていると、歯はほっぺたからの力だけが加わり、内側に倒れ込み、歯が並ぶアーチは狭くなります。

 

そして、永久歯の生えてくる隙間がないことで本来生えてくるべき歯のアーチの外側や内側、場合によれば、生えてくることすらできなくなり、歯はガタガタの状態で並んできてしまうのです。

 

口腔筋機能(口周りの筋肉)を改善することは不正咬合の原因を改善させる一つの方法になります。

 

不正咬合について詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

▶︎大人の矯正 ▶︎子供の矯正 ▶︎子供の歯並び

 

MFT(口腔筋機能療法)自体はこのような装置を使わずに訓練することが多いいのですが、同じアプローチになります。

 

では、筋機能矯正装置とはどんなものなのか。

 

小澤さんに色々な種類の装置を見せて頂いた中のいくつかをお見せしますね。

 

 

ムー

 

上図は 『 ムー 』 という名前の筋機能装置。
受け口(反対咬合)を治す筋機能装置です。

 

bio

 

上図は 『 バイオネーター 』 という名前の筋機能装置。
狭くなった歯のアーチを横方向に広げながら、下顎の成長を前方向に促す目的で使用されます。

 

Mimura 

 

上図はドイツの 『 ビムラー 』 という筋機能装置。
筋肉の力を利用し、正しいお顔の骨成長を促し、出っ歯、深いかみ合わせ、受け口の改善を目的とします。

余談ですが小澤さんは、ドイツでビムラーの認定を受けた日本人初の技工士さんです。

 

 making

 

上図は 『 バイオブロック 』 という装置を作製している工程です。

 

これらは、専用のワイヤーと樹脂のみで作られています。(バイオブロックにはネジも入っています)

 

ワイヤーを曲げたのち、樹脂の部分を作る作業中です。

 

ワイヤーの屈曲はすごく複雑な形をしていますよね。

 

もちろんすべて手作業で作製されます。

 

全てオーダーメイドです。

 

また、小澤さんは、患者様の歯の模型とお口の画像、レントゲン写真を元に、どの装置が適切か診断して装置を作られていました。

 

見た目はなんとなくお分かりいただけたかと思います。

 

では、このような装置が口に入る感覚はどんな感じなのでしょうか。

 

人それぞれ感覚が異なりますので、実際経験してみないとわかりません。

 

筆者はこのような筋機能矯正装置や、取り外しができる装置を使ったことがありませんでした。

 

患者様の立場になり、どうしても付け心地を経験してみたく、自身の歯牙模型でプレートと呼ばれている(樹脂と針金で作られたリテーナー/保定装置)装置を今回は特別に作っていただきました。

 

作製工程の動画を特別に撮影させていただけましたので、是非ご覧いただけたらと思います。

 

どうぞ職人技を堪能してください。

 

 

目の前で自分の装置が作られているのを見ながらプロの技に魅了されました。

 

簡単にワイヤーをきれいに曲げているように見え、粉と液もきれいに混ざってますよね。

 

当たり前ですがこれがとても難しく、正しい知識と相当の練習、回数を積み上げて行かないと、患者様のお口にあった装置が作れません。

 

ワイヤーを正しい位置に均等に曲げ、粉と液の混和比率はとても絶妙。

 

これぞプロの技です。

 

作っていただいたプレートを早速装着した感想は.....全く違和感はありませんでした。

 

舌が上顎を覆うプレートに当たる感じが新しい感覚で、話しづらかったけれど、舌が鍛えられた後は慣れました。

 

そう、舌は筋肉のかたまりですから鍛えれば変わるのです。

 

最後になりましたが筋機能矯正についてお分かりいただけましたでしょうか。

 

お子様の歯並び、筋肉などのお口の状態によっては、筋機能矯正のみの治療だけではなく、MFTによるアプローチが必要な場合もあります。

 

または MFTによりこれらの矯正装置を使う必要性が軽減されることもあります。

 

MFTは不正咬合の予防の1つであるというのはもうお分かりですね。

 

そして、緊急事態宣言以降、自宅にこもりがちな生活が続いた事で停滞した口周りの筋肉を呼び覚まし、健やかに整える為にも是非MFTを。

 

皆様のお口周りの筋機能から始める、健康維持のお手伝いができたらと思っています。

 

当院では専門的なMFT(口腔筋機能療法)が受けられます。

 

ご自身やお子様、ご家族の方、MFTにご興味がある方は是非下記よりお問い合わせ下さい。

MFTに関しての詳しい記事はこちら ▶︎MFT(口腔筋機能療法)とは?

 

オンラインでのMFTカウンセリングも受付中です。

 

ご予約はLINEにて承っております。

 

是非友だち登録をお願い致します。
※下記のLINE友だち追加ボタンから追加できます。

 

銀座みゆき通りデンタルクリニックの歯科衛生士・後藤です。

Myo Mentor 認定マイオファンクショナルセラピストとして活躍しております。

口内環境を整えることの大切さなど皆様にとって有益な情報を発信いたします。

ぜひお気軽にLINE OFFICIALの友だち追加をしていただき、情報をお受け取りください。

 

 

今回見学させていただいた、かおいく技工室の小澤さんは「興味がある人はどんなことでも気軽に連絡をどうぞ。」とおっしゃっていました。

 

問い合わせ先はこちらです。
email : fadtgm@gmail.com
tel:   070-1319-8759

 

以上、『筋機能装置を作る技工士さん』でした!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 歯科衛生士/マイオファンクショナルセラピスト 後藤

 

thanks

 

 

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

スタッフブログ MFTの部屋

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

2020.04.13更新

 


Myofunctional Therapy

____

 

HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎唇を閉じましょうLip Seal〜エクササイズ編〜

 

 


 

boy wearing mask 

 

 

唇を閉じましょう Lip Seal〜エクササイズ編〜

Posted on April 13, 2020 by Mayuko Goto

 

皆様こんにちは。

 

歯科衛生士・マイオファンクショナルセラピスト後藤です。

 

今日もMFTの部屋をご覧頂きありがとうございます。

 

今回のブログでは飛沫感染予防として有効であり、健康維持の為に欠かせない大事な内容をお伝えします。

 

新型コロナウィルスやインフルエンザなどの感染拡大・予防対策として、マスクの着用、手洗い、うがいは必須になりました。

 

MFTは新型コロナウィルスやインフルエンザなどの飛沫感染予防対策の1つでもあります。

 

それは『 唇を閉じ、鼻で呼吸をする 』ことです。


鼻の大事な役割は以前の記事でお伝えしました。(鼻呼吸Nasal Breathing)

 

鼻の中はフィルターとしての役割があり、細菌やウィルスの大量の侵入を防いでくれます。

 

口の中にはその役割がなく、吸い込んだ空気がそのまま喉に直撃し、肺に送られてしまいます。

 

電車の中で耳を澄ますと、マスクの下から口で呼吸をする音が聞こえることが多々ありますが、せっかく予防の為にマスクを着けていても、口が開いていると感染の確率がぐんと上がってしまいます。

 

マスク着用の際にはマスクで覆われている『 口 』に意識を向けることを忘れないで下さい。

 

更に口が開いて口呼吸になると、お口の中が乾燥する事で、口の中の環境は酸性に傾き、虫歯や歯周病になりやすくなります。

 

そして口の中の細菌は増殖し口臭の原因にも繋がります。

 

厚生労働省は新型コロナウイルス感染症対応について、『免疫力を低下させないために、歯磨きや口の筋肉を鍛えてお口の健康を保つことが大切である』と推奨しています。

 

MFTでお口周りの筋肉を正しく鍛え、皆様のお口の健康維持のお手伝いができたらと思っています。

 

 |What Is A Mouth Tape?

口用テープとは?

 

 

 

Tape

 

さて、今回は以前のブログ『 唇を閉じましょうLip Seal 』の続エクササイズ編として唇を閉じる為のお助けアイテムのご紹介をしたいと思います。

 

当院のMFTプログラムの中でもお使い頂くこともあります。

 

そのアイテムというのは『 テープ 』です。

 

テープで何をするのかというと、唇を閉じる為の補助用具として使います。

 

薬局やネットで販売されている口用テープを見かけたことがある、あるいは既にご使用されている方はおわかりかと思いますが、全くご存知ない方は、映画のワンシーンに出てくるようなこんなイメージがありますでしょうか?

 

duct tape

 

 

口に貼るテープを有効に使用して頂く為にも、使い方、役割、効果、注意事項などをお伝えさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 |Introduction Of Myo Tape

マイオテープの紹介

 

 市場には様々なデザインや材質の口用テープが販売されています。

 

3Mから出ているシンプルな形のサージカルテープから、顔の構造を考慮し作られたデザイン性のある物まで多数あり、それぞれ用途がそれぞれ異ないます。

 

・年齢、性別(テープの大きさ)

 

・貼り方(フェイシャルヘアの有無など)

 

・肌の状態(低刺激・低アレルギータイプの材質)

 

などご自身にあったテープ選びが肝心になります。

 

今回は沢山ある種類の中から、最新の口用テープ『 MYO TAPE 』(マイオテープ)をご紹介しながらお話していきます。

 

MYO TAPEは、ビューテイコ呼吸法の専門家であるパトリック・マキューン氏により開発されました。

 

パトリック氏は長年のテープ愛用者であり、口にテープを貼ることにより様々な効果が得られる実証を世界中に発信されています。

 

そんな背景があるパトリック氏が試行錯誤して開発されたテープは、非常に優れた性質をもち、より安全に使えるものです。

 

筆者は商品発売にあたり、パトリック氏からレクチャーを受け、MYOTAPEや呼吸についての新しい知識を得ることができたので、今回のブログを通して皆様にシェアさせて頂きます。

 

 

|What Is It For?

なぜテープを貼るの?

  

faq

 


まずは、口にテープを貼る目的をお伝えしますね。

口にテープを貼る目的は、唇を強制的に閉じてくれることです。

 

唇を閉じる為のお助けマンとして役立ちます。

 

予測通りの答えかと思いますが、無意識の時にしっかりと唇を閉じていられる事は決して誰にでも出来るような簡単な事ではないのです。


唇を閉じることが困難な主な原因として以下の3つがあります。

 

1. 口周りの筋肉が正しく鍛えられていない

 

2. 不正咬合 ▶︎大人の矯正 ▶︎子供の矯正 ▶︎子供の歯並び

 

3. 口呼吸

 

すでにテープをご使用の方、またはポカン口になりがちの方はこの中に該当しますでしょうか。

 

唇を閉じられずにそのままにしていると身体に様々な弊害を及ぼす可能性があるので、MFTで改善していくことをお勧めします。

 

一方で、MFTで口周りの筋肉を鍛えたり、口にテープを貼る(唇を閉じる)事で、私たちの身体に様々な良い効果をもたらしてくれます。

 

簡単になりますが沢山あるメリットの一部を紹介しますね。

 

テープを貼るメリット

 

 

• 鼻呼吸の促進

 

• 飛沫感染予防

 

• 睡眠の質の向上

 

• 身体と精神を落ち着かせる

 

• 運動能力とスタミナを高める

 

• 集中力を高める

 

• 顔、顎の正しい発達を促す

 

• 歯科疾患(虫歯・歯周病・不正咬合)の予防

 

 

リストは更に続きますが、正しい呼吸法は歯の健康だけではなく、生涯にわたる健康状態に影響を与るのです。


では日常のどのタイミングでテープを貼るのでしょうか?

 

 

|When Do you Tape?

 いつテープを貼るの?

 

 girl sleeping

 

口にテープを貼ると言っても食事をしたり、お話をしたりと口を開ける機会はよくあるものです。

 

したがって以下のように口を使わない時に貼ることをお勧めしています。

 

• テレビを見ている時

 

• 読書や勉強している時

 

• 楽器を弾いている時

 

• 睡眠中

 


お気づきかもしれませんがこれらに共通してる点は『 無意識 』の時です。

 

何かに集中している時、または就寝時などは唇に意識が向きにくく、口が開きやすい状態になります。

 

お子様などポカン口でテレビを見ているシーンを見かけたことはないでしょうか?

 

テープはそういった時にお助けの出番として登場します。

 

当院のMFTではトレーニングの一環としてもお使い頂くことがあります。

 

テープを使ったトレーニングが必要かどうかは検査をした上で診断をします。

 

そして1人1人に適切なテープを選んで指導を行っていきます。

 

なぜテープ使うだけなのに検査が必要かというと、テープをお使い頂く上でよく注意しなくてはいけない事項があるからです。

 

では詳しく説明しますね。

 

 |Important Notice

 注意事項

 

口にテープを貼るメリットは前述しました。

 

しかし、『 誰もがいつでも気軽に貼れる 』という訳ではありません。

 

テープを唇に貼るというのは、唇が塞がれてしまいます。したがって鼻呼吸を正常に行えることが不可欠になります。

 

特に意識を喪失する睡眠時は注意が必要です。

 

当院のMFTプログラムでお使い頂く場合は、検査をした上でテープ着用時間を決めています。テープの補助が必要な方は、観察しながら少しづつ時間を増やして進めていきます。

 

この記事を読んで頂き、初めて口用テープを試される方は、下記の注意事項をよくご理解した上での使用をご検討下さい。

 

 

• 口呼吸が習慣になっている方や鼻づまりの症状がある方は、鼻呼吸が困難な為、まずは鼻呼吸を習得する必要性もある。

 

• 鼻づまりがなく鼻呼吸が可能な方でも、テープに慣れないうちは抵抗を感じ、息苦しくなってしまう場合もある。

 

• 「 鼻づまりがない」という方の中には自覚症状がない、いわゆる隠れ鼻づまりの場合もあるので注意が必要。

 

ご自身の判断が困難な場合や、鼻づまり・鼻炎・アレルギーなど、お鼻に問題がある場合は専門家に相談をしてみましょう。

 

そしてテープを正しく、安全に活用しましょう。

 

 

 |Myo Tape For OMT

 マイオテープでMFT

 

boy and girl

 


では最後になりましたがMYO TAPEのご紹介をします。

 

MYO TAPEは唇を塞ぐことなく唇を閉じるサポートをしてくれます。

 

話すとき、苦しいとき、咳やくしゃみなどといった時は口を開けられるようにデザインされていますのでとても安心・安全にお使いいただけます。

 

唇を覆わないのに閉じていられるのはテープの伸縮性がキーとなります。

 

実際私はこのようなタイプのテープは今まで見たことがなかったので、MYO TAPEが初めて公表された時は驚嘆しました。

 

使ってみた感想を言わせて頂くと、優しく口の周りを包むように支えられ、そしてテープが自然に唇を閉じてくれているような感覚でした。

 

そしてただ口を塞ぐテープと違うところは、自分で閉じようという意識が自然と唇にいくことでした。

 

これはMFTの補助アイテムとしては最適です。

 

どんなデザインのテープかは、当院のYouTubeチャンネルの動画にてご覧頂きたいと思います。

 

どうぞお楽しみ下さい。

 

 

 再生できない方はこちら↓ ↓ ↓ ↓

MY LIPS ARE SEALED WITH MYO TAPE 唇を閉じましょう

 

ご視聴ありがとうございました。

 

唇を閉じ、正しい口周りの筋肉を鍛えることで、免疫力をアップさせ、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの飛沫感染予防の一つとして取り入れて頂けたらと思います。

 

当院では専門的なMFT(口腔筋機能療法)が受けられます。

 

ご自身やお子様、ご家族の方、MFTにご興味がある方は是非下記よりお問い合わせ下さい。

 

オンラインでのMFTカウンセリングを受付中です。

 

ご予約はLINEにて承っております。

 

是非友達登録をお願い致します。

※下記のLINE友達追加ボタンから追加できます

 

 以上、唇を閉じましょう・エクササイズ編でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 歯科衛生士/マイオファンクショナルセラピスト 後藤

 

thank you flower

 

 

銀座みゆき通りデンタルクリニックの歯科衛生士・後藤です。

Myo Mentor 認定マイオファンクショナルセラピストとして活躍しております。

口内環境を整えることの大切さなど皆様にとって有益な情報を発信いたします。

ぜひお気軽にLINE OFFICIALの友だち追加をしていただき、情報をお受け取りください。

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

スタッフブログ MFTの部屋

 


 

 

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

2020.02.22更新

 


myoDays Diary

____

 

HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎2020年2月9日 Myofocus OMT Course

 

 


 

 名古屋城

 

 

2020年2月9日 Myofocus OMT Course

Posted on Februaly 22, 2020 by Mayuko Goto

 

皆様こんにちは!歯科衛生士、後藤です。MFTの部屋をご覧頂きありがとうございます。前回のブログで少し触れましたが、今回はセミナーのご報告をしたいと思います。

 

2月9日、名古屋にて3日間にわたり、日本予防勉強会主催のセミナー『There is a reason for everything. より低年齢へのMFTの実践』に参加いたしました。
講師の方々はオーストラリアで経験豊富の筋機能矯正医、Dr.Dan Hansonと Dr.Donny Mandrawa そしてゲストスピーカーとして、筆者のメンターであるマイオファンクショナルセラピスト、Sarah Hornsby先生を招いて行われました。

 

今回のセミナーは口腔筋機能障害( こうくうきんきのうしょうがい)についての知識を高め、両先生のクリニック、Myofocus 独自のMFTへの取り組み方、50種類をこえる数のエクササイズなど、MFTに特化した盛り沢山の内容を、朝から夕方までみっちり3日間学んできました。

 

 

myofocus1

 

 

セミナーはなんと約160名という多くの医療従事者を初め様々な分野のプロフェッショナルの方々が受講されていました。とても熱心で心暖かい方々と一緒に素晴らしいセミナーを受け、学べた事に感謝、感激です。とても刺激的なセミナーでした。また、用意されていた資料やグッズの完成度の高さも素晴らしく、眺めているだけで感性が高められる作品でした。


お昼にはお弁当が用意され、味噌カツや海老フライを頂き、忙しいスケジュールの中でも名古屋名物を味わえたことが嬉しかったです。

 

Sarah先生のレクチャーでは、筆者がSarah 先生のプログラムを完了した日本人1人の生徒という事で、紹介をして頂き緊張してしまうシーンもありました。Sarah先生がプレゼンされた内容は素晴らしく、そのなかでも発表されたとても珍しい症例は、MFTに対する意欲が掻き立てられ新たな目標が生まれました。

 

omt

 

セミナー最終日の後は筆者が東京に帰る前に、講師3人から食事に誘って頂き、お疲れ様の乾杯を一緒にさせて頂きました。Dan先生が将来のビジョンについて熱く語られている筆者お気に入りの写真です。刺激的なお話に加わる事ができ、大変貴重な時間を過ごせて幸せを感じました。

 

myofocus3

 


当医院では今後、Dan先生とDonny先生から学んだ知識やエクササイズを取り入れMFTプログラムを強化して行こうと思います。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

歯科衛生士・マイオファンクショナルセラピスト 後藤

 

dan donny Sarah

 


9th to 11th February I attended Myofocus Take off into orofacial Myofunctional Therapy course in Nagoya Japan.
Myofocus founders Dr Dan Hanson and Dr Donny Mandrawa were the speaker.
And my mentor Sarah Hornsby,Myofunctional therapist was a guest speaker as well.
We learned so much about myofunctional disorder,exercises and almost everything about ''take off program''.
These 3 days were one of the best I’ve ever spent.
Their talk was inspiring,Lots of brilliant ideas flying about.
It was informative and their method of myofunctional therapy was easy to recieve.
I appreciate Dr Dan and Dr Donny for the training.
Really worth it! 
Again it was a really excellent & inspiring days!

I look forward to see you guys again!

 

Mayuko Goto,RDH / Myofunctional Therapist

 

quote

 

 

銀座みゆき通りデンタルクリニックの歯科衛生士・後藤です。

Myo Mentor 認定マイオファンクショナルセラピストとして活躍しております。

口内環境を整えることの大切さなど皆様にとって有益な情報を発信いたします。

ぜひお気軽にLINE OFFICIALの友だち追加をしていただき、情報をお受け取りください。

 

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

スタッフブログ MFTの部屋

 

 


 

 

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

2020.02.10更新

 


myoDays Diary

____

 

HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎2020年2月1日 Our Special Guest

 

 


 

 Ginza

 

 

2020年2月1日 Our Special Guest

Posted on Februaly 10, 2020 by Mayuko Goto

 

皆様こんにちは!歯科衛生士、後藤です。MFTの部屋をご覧頂きありがとうございます。節分をむかえ、立春もすぎ、暦の上ではもう春ですね。まだまだ厳しい寒さが続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回のMFTの部屋は、とても貴重で素敵な出来事をお伝えします。

 

2月1日、当院にアメリカからビッグなゲストがいらっしゃいました!その方は、筆者の師事する、マイオファンクショナルセラピストの Sarah Hornsby 先生です。Sarah先生は、2月9日から3日間にわたり名古屋で開催される、MFTのセミナーのゲストスピーカーとして日本に初めて来日されました。

 

名古屋へ行かれる前に、東京に滞在されるとの事で、本院・銀座みゆき通りデンタルクリニックと分院・銀座キッズデンタルパーク、両医院の案内をさせて頂きました。お忙しいスケジュールの中、このような機会をいただけて大変光栄です。日本の診療所はアメリカと比べて、とても小さなスペースになりますが、”very nice!"と言葉にされながら初めての日本の診療所に関心を示し、喜んでいただけました。また、銀座キッズデンタルパークの空間は、とても明るく、かわいい歯の妖精やたくさんの素敵な絵で包まれています。”so cute!"と驚きながら内装のお写真をお撮りになり楽しんでいただき、私たちも案内しながらhappyな気持ちでした。

 

ランチには 日本初ということで、日本の懐石料理を味わっていただききたいと思い、筆者が小学生の頃から家族とよく行っている、加賀料理のお店へおもてなしをさせて頂きました。箸袋やお水のコースターなど細かいところまで洗練されていて、日本はとにかく綺麗だとおっしゃってました。

 

Sarah dr me

 

 

Sarah先生は、アメリカの歯科衛生士であり、マイオファンクショナルセラピストとして10年以上MFTを専門として活動されています。

独自のMFTトレーニングプログラムや、マイオファンクショナルセラピスト養成プログラムを立ち上げ、幅広く活躍されています。

両サイトはこちら

↓ ↓  ↓  ↓  

Faceology  Myomentor

 

またSarah先生はMFTに関するYouTubeチャンネルもお持ちで、沢山の動画を配信されています。

是非チェックしてみて下さいね。 Sarah先生のYouTubeチャンネルはこちら

↓ ↓  ↓  ↓

Sarah Hornsby

 

個人的な好みになりますが、Sarah先生の英語はとてもわかりやすく、発音がとても明瞭で綺麗です。英語の勉強にもとてもおすすめなので、是非そこにも注目して頂きたいです。

 

sarah先生はこれらの活動以外にも様々な医療従事者と連携を図り、常に最新の情報を発信されています。私はsarah先生のMyoMentorという、マイオファンクショナルセラピスト養成プログラムを完了した、日本人初で唯一の卒業生です。プログラムを卒業し、マイオファンクショナルセラピストの一員となったこれからは、チーム一丸となり、様々な事に挑戦し続けていきたいと思います。

 

Sarah and mewithcertificate

 

当院では本場アメリカの専門的なMFTを受けられます。

少しでもご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

名古屋でのセミナーの様子は後ほどブログでお伝えしていきますので、楽しみにして頂けたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

歯科衛生士/マイオファンクショナルセラピスト 後藤

 

 

On the 1st of February very special guest RDH/myofunctional therapist ,Sarah Hornsby visited our clinic!
The purpose of her visiting Japan is that she is a guest speaker of OMT seminar will be held in Nagoya.
She is one of world famous myofunctional therapist who is owner of online myofunctional therapy practice ,Faceology and online mentoring program,MyoMentor.
Much to my joy, I am the first and only Japanese graduates out of all.
I am so grateful that I took her MyoMentor program.

It honestly changed my career.

She taught us everything I needed to know even for beginners like me and greatest thing was that the classes are all online! That's the biggest reason I could complete the course from 600 miles away from Japan!

Also all the students were so nice and dedicated.

It was just perfect.
I want to thank Sarah for giving me such a great opportunity to see the whole new world. 
You are the best mentor!!
I can't wait for japanese dental professionals start taking MyoMentore program in the future!
Last but not least thank you and Ash very much for coming to visit our offices.
I was honored to showing around our officces,Ginza area and we had a wonderful time having a Japanese traditional lunch together.


Mayuko Goto, RDH/Myofunctional Therapist

 

Sarah 3pic

 

 

 

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

スタッフブログ MFTの部屋

 

 


 

 

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

2020.02.08更新

 


Myofunctional Therapy

____

 

HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎ 唇を閉じましょう Lip Seal

 

 


 

lip pic

 

 

唇を閉じましょう Lip Seal

Posted on February 8, 2020 by Mayuko Goto

 

皆様こんにちは!歯科衛生士、後藤です。

 

今日もMFTの部屋をご覧いただきありがとうございます。

 

早速ですが、質問です。

 

皆様の唇は何もしていない時、閉じていますか?開いていますか?

 

または周りの方、ご家族の方はいかがでしょうか?

 

今回のテーマは、以前のブログの記事、第1弾に挙げました、当院での『 MFTの目標 』の2つ目、 ”唇を閉じる” に関した内容でお話していきます。

 

なぜ唇を閉じる事が大事なのか、そしてMFTは現代社会において最も必要な予防歯科及び予防医療であることを、より多くの方々におわかり頂けたらと思います。

 

 

 

|Is Your Mouth Closed?

ポカン口

 

kids make face 

 

唇を閉じると聞くとそんな簡単な事?と思われるかもしれません。

 

自然にできる方や意識しないとできない方、寝ている間は口が開いてしまう方、などと人それぞれではないでしょうか。

 

または、小さいお子様をお持ちのお母様、お父様は、お子様をよく観察して見ると、常に口が開いている事にお気づきになるかもしれません。

 

私は口が開いた状態をポカン口と言っています。

 

先日6〜7歳児、50名程の集団を参観する機会がありました。

 

その時児童は静かにお話を聞いているシチュエーションでした。

 

よく観察をしてみると、なんと半分くらいの児童はポカン口になっていたのです。

 

子供の場合、口が大きく開いているので、とてもわかりやすいです。

 

しかし、大人の場合は数ミリしか開いていない事が多く、一見閉じているようにも見え、見分けずらい場合がほとんどです。

 

ポカン口ではないから自分は大丈夫と思っていても、数ミリ開いているだけで、口は開いている状態に変わりはないのです。

 

この記事を読んで頂いたあと、周囲を観察してみてください。

 

どのくらいの方々が唇をしっかりと閉じることができているでしょうか。

 

 

口が開いていることは口腔筋機能障害のサイン

 

当院のMFTでは口を常に閉じている事を一つの目標とし、訓練をしていきます。

 

口を閉じる時にはその為の顔の筋肉が働いています。

 

簡単に感じるかもしれませんが、幼少期から癖がついていると大人になってもなかなか簡単に治るものではありません。

 

小さい頃から口を閉じる習慣にする事が最も重要なのです。

 

口が開いている、すなわち唇が閉じられない状態は口腔筋機能障害(こうくうきんきのうしょうがい)といい口周りの筋肉が正しく機能されていない症状の1つとして挙げられます。

 

顔にはそれぞれのパーツを動かす為のそれぞれの筋肉がたくさん交わり合い存在しています。

 

唇を閉じる為のいくつかの筋肉が使われずに衰えていくと審美的(見た目)、健康(呼吸、睡眠、食)、学習能力、歯のトラブル(虫歯、歯周病、口臭、不正咬合)など多くの弊害が出てきます。

 

今回は顔、骨格の変化についてお話していきます。

 

 

|Close Your Mouth

口を閉じましょう

 



lips ad

 

 

化粧品の広告、雑誌の表紙、映画のポスターを見てみると、唇があいていている写真が多く使われています。

 

メディアでは唇があいた状態を“色気”や “魅力的”として宣伝されているのでしょう。

 

確かにそういった写真は雰囲気がよく表されていてとても素敵ですよね。

 

しかし、実際は魅力的ではありません。。

 

flaccid lip

 

本来唇は常に閉じているべきなのです。

 

口が開いているべき時というのは.....

 

 

・お話をしている時

 

・笑顔の時

 

・物を口に含む時 ※噛んでいる時は閉じています

 

・歯磨きなど、口の中を清潔にしている時

 

 

それ以外は唇は自然に閉じているのが理想的です。

 

1900年初頭、アメリカでは、鼻呼吸・口を閉じる為の補助用品として、チンストラップが開発され売り始められました。

 

アメリカではその頃から口を閉じる事を推進されていました。

 

日本ではいびき防止グッズとして販売されている様です。

 

チンストラップはかみ合わせに悪影響がでる場合があるので、ご使用の際にはよく注意し、専門家に相談すると良いでしょう。

 

当院でも口を閉じるお助けアイテムをご使用頂く場合があります。

 

そのアイテムの使い方は後ほどブログでご紹介しますね。

 

 

 

|Open Mouth Posture

ポカン口の顔の特徴

 

 actors

 

 

ではなぜ、口が閉じられず開いてしまうのでしょうか。

 

口が開いてしまう理由は大きく分けて2つあります。

 

1つは、口呼吸の為です。

 

鼻呼吸ができずに口呼吸になると当然口を開けないと呼吸ができませんよね。口呼吸をしてる方は必ず口が開いています。

 

2つ目は鼻呼吸をしているけど、幼少期からの口を開けている癖が続いていて唇が閉じられない(口を閉じる筋肉が緩んでいる)場合が考えられます。

 

鼻呼吸と口呼吸について詳しい記事がありますのでこちらをご覧ください。

▶︎▶︎▶︎▶︎ 鼻呼吸 Nasal Breathing

 

そして口が開いていて口周りの筋肉が衰えている顔には典型的な特徴があります。

 

口が開いて口周りの筋肉が弛緩していると顔全体の筋肉は緩み、下方に垂れ下がってきます。

 

そして顔の骨格は下方に延びるように成長していきます。

 

理想的な下顎の骨の成長は前方向、横方向であり、下方向や後方ではありません。

 

しかし口が開いた状態で成長期を過ごしてしまうと顎の正しい発達の妨げになる原因に繋がります。

 

もちろん骨格の成長異常は、口が開いていることだけが原因ではありません。

 

現代のライフスタイルや文明の発達により、加工食や流動食の増加など、様々な環境変化を遂げ、’’徐々に噛まなくてもよい生活’’へと変化し、人類の顎の退化という現象が起こりました。

 

顎が小さくなったり、歯並びが悪くなったのはその大きな’’環境変化’’も原因として考えられるのです。

 

なぜ歯並びが悪くなるのか根本的な原因を探ると、顎の成長と関係があります。

 

進化生物学者のお話によると、狩猟採集時代(数百万年前)の民族の頭蓋骨に歯並びが悪いのを見たことがない。また、親知らずがないのも見たことがないと言われています。

 

皆様は親知らずが生えていますか?

 

親知らず( 智歯 ちし )は、上下左右の1番奥に1番最後に生えてくる歯のことです。

 

現代では4本正常に生えてくる場合もあれば、もともとないことや、顎が小さく生えるスペースがない為埋もれたままの状態である場合があります。

 

余談ですが’’親知らず’’という呼び方は昔は存在しませんでした。

 

そもそもなぜその歯は親知らずという名前の由来なのかというと、親知らずとは、’’本当の親の顔を知らない’’という意味で、人によっては生えてこない場合がある経緯で呼ばれ始めました。

 

いつかの時代から呼ばれるようになった親知らず、文明変化が示唆されていますね。

 

顎の良い発育のためには、流動食やファーストフードばかりではなく、栄養バランスの良い食品をよく噛んで食べる重要性を考慮していくことがとても大事になります。

 

食に関しては当院の栄養士の食育コラムも是非ご覧ください
▶︎▶︎▶︎▶︎栄養士若山によるコラム・キッズ食育講座

 

 

|The Red Flag Of Incorrect Mouth Posture

口呼吸・ポカン口危険サイン

 

 

ここで一度、セルフチェックをしてみましょう。

 

皆様はいくつ当てはまるでしょうか?

 

□自然な状態の時、上唇と下唇が離れて口が開いている

 

□下唇が顎に向かって垂れ下がっている。唇にたくさんシワがある

 

□唇が乾燥しカサカサになっている

 

□唇の皮が硬く分厚くい

 

□くまができている

 

□頬が垂れ下がっている

 

□朝起きると喉がカラカラに乾いている

 

□前歯が飛び出している

 

□笑うと歯茎がたくさん見える

 

□食べているときにくちゃクチャ音がなる

 

 

いかがでしたか?

 

MFTの検査内容にはこういった顔の細かい部分も観察しながら行います。

 

自分自身ではなかなか判断が困難な場合もあるので、一度専門家に診てもらうのもいいでしょう。

参考:
''Children whose mouth breathing is untreated may develop long,narrow mouths,high palatal vaults,dental malocclusion,gummy smiles,and many other unattractive facial features, such as skeletal class II or class Ⅲ facial profiles.''
(口呼吸が治されていない子供は、長くて狭い口、高い上顎、歯の不正咬合、ガミースマイル、および三級骨格または二級骨格の顔貌など、他多くの魅力的ではない顔の特徴を発達させる可能性がある
"Yosh Jefferson,DMD,MAGD,Mouth breathing:Adverse effects on facial growth,health,academics,and behavior "

 

また口が開いていると姿勢にも影響が出ます。

92人(8〜10歳児)を集めた、ある実験では、口呼吸(口が開いている)30人中、12人が頭が前のめりになり猫背の重度の悪い姿勢であり、鼻呼吸(口が閉じられている)62人には重度の悪い姿勢の子はひとりもいなっかったという研究結果が出ています。


参考:
Mouth breathing and forward head posture: effects on respiratory biomechanics and exercise capacity in children
J Bras Pneumol. 2011;37(4):471-47

 

姿勢が悪くなると、呼吸・筋肉・血流の低下、また骨格の成長に反映されます。
ポカン口は全身の問題に大きく関わってくるのです。

 

 

|Importance Of Myofunctional Therapy

MFTで健康に

 

flower

 

ポカン口をそのままにしていると、将来には、顎や顔面の痛み・偏頭痛・首、肩の問題・睡眠時無呼吸症候群などに悩まされます。

 

MFTで口周りの筋肉を正しく鍛えることは健康の面でとても重要です。

 

できるだけ早くに癖を治しましょう。

 

統計データによると、顔、顎の発達の90パーセントは7歳までに終えているそうです。

 

よって、約7歳〜10歳まで口呼吸やポカン口の子供達はすでに骨の発達が正しく誘導されていない為、歯の矯正治療が必要になる可能性が高くあります。

 

必要に応じ、矯正治療で永久歯(大人の歯)が生えるスペースを確保し、MFTで習癖を変え、顔を正しく成長させ、歯並びを整え、美しい顔にし、健全な呼吸ができるように成長を誘導することが最善です。

 

子供達の長期的な健康や健全な睡眠と呼吸を考えると、成長期に治療する価値が大いにあります。

 

だからといって、10代、20代と、骨の成長を終えた年代でもまだ諦めないで下さいね。

 

間違った習癖を変えることは年齢に限らず一生を通してとても大事です。

 

そして、大人になってもMFTをうけるメリットは沢山あります。

 

アンチエイジング、リフトアップ、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)などの予防としてもとても効果的です。

 

当院では専門的なMFT(口腔筋機能療法)が受けられます。

 

ご自身やお子様、またはご家族の方、MFTにご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

 

以上、MFTの目標の2つ目、唇を閉じる大切さについてでした。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

歯科衛生士/マイオファンクショナルセラピスト 後藤

 

AE
 

“If A equals success,then the formula is :
A=X+Y+Z,  X is work. Y is play. Z is keep your mouth shut.''


“Aが成功とすると、その計算式は次の通りである

 

A=X+Y+Z,  Xは仕事。 Yは遊び。 Zは口を閉じること。’’

 

’’Albert Einstein アルバートアインシュタイン’’
 

 

 

銀座みゆき通りデンタルクリニックの歯科衛生士・後藤です。

Myo Mentor 認定マイオファンクショナルセラピストとして活躍しております。

口内環境を整えることの大切さなど皆様にとって有益な情報を発信いたします。

ぜひお気軽にLINE OFFICIALの友だち追加をしていただき、情報をお受け取りください。

 

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

スタッフブログ MFTの部屋

 

 


 

 

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

2019.12.23更新

 


Myofunctional Therapy

____

 

HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎鼻づまり解消法〜エクササイズ編〜

 

 


 

how to unblock the nose dedasi

 

 

How to unblock the nose

鼻づまり解消法〜エクササイズ編〜

Posted on December 23, 2019 by Mayuko Goto

 

皆様こんにちは!

 

歯科衛生士、後藤です。

 

今日もMFTの部屋をご覧頂きありがとうございます。

 

連日、厳しい寒さが続き、空気がぐんと冷たくなりましたね。

 

皆様、口呼吸で冷たい空気を吸い込んでいませんか?

 

口呼吸だと冷たい空気がそのまま喉から気管へ入ってしまいます。

 

寒い冬にこそ、鼻で呼吸をしましょう。

 

前回の記事では鼻呼吸・口呼吸について詳しいお話をしましたので、是非そちらもご覧下さい。

▶︎鼻呼吸Nasal Breathing

 

 

さて、冬の季節になると、くしゃみがでたり、鼻づまりがひどくなることありませんか?

 

風邪が流行りやすい時期ですし、花粉、アレルギー、などと鼻づまりの原因は色々考えられます。

 

なかには、温度変化で起こる、寒暖差アレルギーといわれているものもあります。

 

これは、急に暖かい部屋に入った時や体が冷えた時などに、くしゃみや鼻水がでる症状です。

 

冬になると特に症状が強くなると感じる方は、もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれませんね。

 

そのような状況の中では、鼻で呼吸をしたくてもできず、どうしても口で呼吸をしてしまう事があるのではないでしょうか。

 

しかし、鼻がつまっている時に口で呼吸をすると、鼻づまりは更に悪化してしまいます。

 

そこで今回は、鼻がつまった時の解消法をご紹介していきたいと思います。

 

cup glasses tissue

 

 

鼻がつまるメカニズム

 

 

まずは、エクササイズに入る前に鼻がつまる原因や、生理メカニズムについて少し知っておきましょう。

 

 

|Nasal obstruction

鼻閉

 

1. 定義

 

『鼻閉(びへい)』とは鼻がつまっていて鼻呼吸を十分に行うことができなくなった状態の事をいいます。

 

いわゆる’’鼻づまり’’です。

 

鼻づまりは、鼻の中の粘膜(鼻胞粘膜)が腫脹し、鼻腔(鼻の中の空洞)が狭くなり起こり、鼻腔通気性(鼻の中の空気の通り)が低下し鼻呼吸障害が起こっている状態を指します。

 

 

2. 鼻粘膜の生理

 

鼻づまりは、鼻粘膜の下で起こっています。

 

鼻の中の血流量が多くなって血管が拡がると鼻腔が狭くなり、血流量が減ると鼻腔通気は改善されます。

 

つまり、鼻の空気の通り道は血管の変化によって左右されているということです。

 

 

Nasal cycle

 

鼻粘膜は一定の周期で左右が相反するように腫脹と収縮を繰り返しています。

 

そのため、ある時には右側が通るが左はつまっていると感じ、時間の経過とともにその逆の鼻のつまりを感じるようになります。

 

※鼻のつまりを感じる事を鼻感(びかん)といいます。

 

このような一定周期の変化は『Nasal cycle』と呼ばれています。

 

このサイクルによって左右合計でほぼ一定の鼻の中の通気量が保たれるように調整されているのです。

 

 

3. 鼻閉の原因

 

最後に鼻づまりの原因を挙げていきます。

 

鼻づまりの原因は大きく分けると3つあります。

 

① 解剖学的要因によるもの(構造的因子)
(鼻甲介骨の肥厚、鼻中隔の湾曲、鼻甲介粘膜の腫脹、アデノイド増殖症、後鼻孔閉鎖)

 

② 鼻腔内疾患(粘膜性因子)
(鼻茸、慢性副鼻炎、アレルギー性鼻炎、異物)

 

③ 鼻腔外疾患
(上顎腫瘍、鼻前庭嚢胞、内服薬、ホルモン異常)

 

【参考:よくわかる病態生理14 耳鼻咽喉疾患】

 

 

いかがでしょうか。

 

誰でも経験した事がある鼻づまりですが、こんなにも多くの原因があるとは意外と知らなかったのではないでしょうか。

 

鼻呼吸が困難な場合は耳鼻咽頭科や専門家の治療が必要となりますが、日常の習慣によって改善される鼻づまりもあります。その一つの方法が今回ご紹介するエクササイズです。

 

皆様は『ビュテイコ呼吸法』を聞いたことはありますか?

 

ビュテイコ呼吸法とは、ロシアの故コンスタンティン・ビュテイコ医師の研究に基づいて教えられてきた呼吸法です。

 

ビュテイコ呼吸法では、呼吸の量を整えて正しい呼吸を行うことで、喘息、鼻炎、鼻づまりなどの減少、改善が可能であると証明されてきました。

 

ビュテイコメソッドの教育者、Patrick Mckeown氏は’’’呼吸をしすぎると鼻はつまる’’と言っています。

 

現代の人々は呼吸量が多すぎて過呼吸状態に陥っていて、過呼吸は喘息や鼻呼吸困難などを招く要因になるそうです。

 

ビュテイコ呼吸法について詳しい内容を知りたい方はbuteyko clinic internationalにてチェックしてみてください。

 

これからご紹介する鼻づまり解消法は、私の師事するマイオファンクショナルセラピスト、サラさんから伝授されましたが、ビュテイコ呼吸法に基づいた方法になります。

 


彼女のYouTube チャンネルでも紹介しているのでそちらの動画もチェックしてみて下さい。

 

再生できない方はこちら↓ ↓ ↓ ↓

How to unblock your stuffy nose in 5 minutes!

 

 

このエクササイズは突然鼻がつまった時や、慢性的な鼻づまりがある方にも効果的な方法です。

 

是非試してみて下さい。

 

※鼻づまりが全ての方に解消される訳ではありません。

 

stone

 

 

【鼻づまり解消法エクササイズ】

 

1 .唇を閉じ指で唇を抑えます。

 

2. 鼻から息をすって吐き出す呼吸を3〜5回繰り返します。

 

3. 吐ききったら鼻を指でつまんで口を閉じたまま息を止めます。

 

4. 息を止めている間、頭を上下、左右に動かします。

 

5. これ以上息を止めていられなくなったら、鼻を抑えていた指を離し、ゆっくりと鼻から息を吸って吐く。この時のポイントは口は閉じたまま行うことです。必ず鼻で呼吸をしてください。

 

これを鼻が通るまで繰り返します。

 

 

【鼻炎用生理食塩水】

 

 

次の方法は、鼻炎や副鼻腔炎の人にお勧めです。鼻づまり解消法エクササイズと合わせて行うと良いでしょう。

 

 

1. コップ一杯の水を沸騰させる。

 

2. 良質の海塩を小さじ約4分の1溶かす。

 

3. ぬるま湯の温かさまでさます。

 

4. 手のひらに塩水を少量取り、一方の鼻の穴から吸い込みます。

 

5. しばらく間を置いて、反対の鼻の穴でも同じことを繰り返す。

 

6. 両方の鼻の穴でそれぞれこの方法を続けます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

鼻がつまっていなくても、「鼻の通りが良くなった」と感じられたでしょうか。

 

このエクササイズをしながら寒い冬の鼻づまりを乗り越えて下さいね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

歯科衛生士/マイオファンクショナルセラピスト 後藤

 

christmas

 

Wish you a Merry christmas and a Happy new year!

 

 

銀座みゆき通りデンタルクリニックの歯科衛生士・後藤です。

Myo Mentor 認定マイオファンクショナルセラピストとして活躍しております。

口内環境を整えることの大切さなど皆様にとって有益な情報を発信いたします。

ぜひお気軽にLINE OFFICIALの友だち追加をしていただき、情報をお受け取りください。

 

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

スタッフブログ MFTの部屋

 

 


 

 

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

2019.11.29更新

 


Myofunctional Therapy

____

 

HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎ 鼻呼吸 -Nasal Breathing-

 

 


 

girl with mouth open

 

 

鼻呼吸 -Nasal Breathing-

Posted on November 29, 2019 by Mayuko Goto

 

皆様こんにちは!歯科衛生士、後藤です。

 

MFTの部屋をご覧頂きありがとうございます。

 

前回はMFTの目標と症状、なぜMFTが必要なのか?といった内容で説明しました。

 

詳しくはこちら ▶︎MFT(口腔筋機能療法)とは?

 

このブログを通して皆様に少しでもMFTを知ってもらい、『口周りの筋肉を鍛え、正しい使い方をすることで健康になりましょう』という想いで書いています。

 

MFTの部屋が皆様の健康のお役に立てることを願っています。

 

さて、今回の内容は『 呼吸 』についてお話をしたいと思います。

 

MFTの4つの目標の一つ目、 ’’鼻呼吸を常に行える様にする’’  と前回にお話をしましたが、なぜ鼻呼吸が大事で、MFTと関係があるのかを今回は説明していきたいと思います。

 

目標の2つ目、"口を閉じること" は鼻呼吸をできることが前提になります。

 

口を常に閉じるには鼻呼吸をすることが不可欠なのです。

 

鼻呼吸はとても大事な基礎になるので、今回の記事の内容は鼻で呼吸をする重要性を、より多くの方にお伝え出来たらと思います。

 

|Nasal Breathing VS Mouth Breathing

鼻呼吸(びこきゅう)・口呼吸(こうこきゅう)

 

dog

 

字の通り鼻呼吸(びこきゅう)とは、鼻で呼吸すること。

 

口呼吸(こうこきゅう)とは、口で呼吸することを意味します。

 

呼吸は鼻と口を使ってできますが、常に口で呼吸できるのは、哺乳類ではヒトだけに限られています。

 

「それなら犬はどうなの?犬も哺乳類だけど口でハァハァ呼吸をしているのではないの?」と思われるでしょうか。

 

犬が口でハァハァしているのは、呼吸のためにしているのではなく、汗腺がない為に、体温調節をしているだけなのです。

 

ではなぜ『ヒト』だけが口で呼吸できるのでしょうか。

 

それは、人間特有の成長過程に違いがありました。

 

 

baby cake

 

口呼吸の始まり

 

生まれたての赤ちゃんは鼻でしか呼吸はできません。しかし一歳頃になると口で呼吸ができるようになります。なぜかというと、1歳頃になり言葉を習得し始めると、食道(口からの道)と、気道(空気の道)の構造が変わり口で呼吸ができるようになるのです。

 

この頃に舌の位置にも変化が起こり始めます。(舌の位置に関しては今後のブログで詳しく述べていきますね。)

 

赤ちゃんは、口で呼吸ができることを覚えると嬉しくて一生懸命、口で呼吸をしてしまいその結果、口呼吸の癖がついてしまうのです。

 

「口呼吸も鼻呼吸も呼吸ができるのだからどちらも同じでしょ?」と疑問に感じる方がいらっしゃるかもしれません。しかしこれは大違いです。口呼吸を続けていると身体に様々なトラブルを招きます。

 

みらいクリニックの今井一彰先生は、『口で呼吸することは鼻から食べ物を食べてるのと一緒だ』と指摘されています。

 

鼻で呼吸することは、本来は私たち人間にとって当たり前のことなのです。

 

しかし日本では口呼吸が健康に害を及ぼすという認識が欠けています。

 

自分自身が口呼吸をしているという自覚すらないことも見受けられます。

 

前述しましたが、MFTを行うにあたり鼻呼吸は基本になります。

 

本来、当たり前のようにしているべき鼻呼吸の重要性や、様々な弊害のある口呼吸との違いをこれからご説明していきますね。

 

|Nasal Function

鼻の役割

 

 ENT

 

知っておいていただきたい一つのポイントは、鼻の仕組みと機能です。

 

現代のように空気が様々な有害物質で汚染されていると、鼻からも喉からも多量に毒物が入ってきます。

 

鼻はそれらの空気中に含まれる毒物を消化、解毒してくれます。身体を守ってくれているのです。

 

ではどのような働きがあるのでしょうか。

 

1.フィルター作用

Filters

鼻の中は微細な線毛の生えた粘膜で覆われています。これが吸い込んだ空気を浄化し、きれいにします。

 

 

2.加湿作用

Moistens

鼻の中には副鼻腔(ふくびくう)という空洞があります。そこで吸い込んだ空気が乾燥したままだとバイ菌が入り込みやすいため、湿度を与えバイ菌が体内に入り込むのを防いでくれています。

 

 

3.温める作用

Warms

鼻は吸った空気を温める作用があるので気道が(喉の奥にある空気の道)冷えることなく守られます。

 

鼻は ”加湿器付きの空気清浄機” なのです。
アレルギーや喘息もちの方が高価な掃除機や寝具を購入するが、最も重要な『鼻呼吸をする』という意識がないことを残念に思います。

 

 

4.抗炎症作用

Anti-inflammatory

鼻呼吸をすると一酸化窒素が作られます。一酸化窒素は副鼻腔(鼻の空洞)でしか作られないため口呼吸では起らないことです。一酸化窒素がどう作用されるかというと、抗炎症の役割を果たしてくれます。つまり鼻で呼吸をして一酸化窒素が送られるとアデノイド(※鼻の突き当たりの組織の腫れの事)や扁桃腺(※喉の奥の両側にある組織)の炎症を抑えてくれるのです。

 

4つの作用に加え、鼻はにおいを感知する嗅覚という機能があります。

 

嗅覚は神経系から見ると運動、情動、感覚、記憶、思考、創造、言語といった機能をつかさどっています。嗅覚は生きる上で重要な感覚器官であるのです。

 

鼻の役割はまだたくさんありますが、今回はここまでにして、続いて口呼吸についてお話していきます。

 

|Mouth Breathing

口呼吸

 

 black white

 

鼻には浄化作用があると前述しましたが、口にはその作用がない為、吸い込んだ空気はそのまま肺に入り体内に行き渡ってしまいます。よって、口で呼吸すれば空気中のウィルス、細菌、汚れ、花粉などが容易に入り込み、喉は攻撃を受けます。そして喉にウィルスが付着して、喉は腫れ、様々な病気を発生させます。

 

鼻の機能の低下

 

よく『鼻がつまっていて口でしか呼吸ができない』という方がいますが、これは逆な場合があります。鼻呼吸が出来ていた幼少の時に口呼吸を続けていた結果、鼻が使えなくなってしまうのです。口で呼吸をし、鼻から空気を通さないでいると、鼻の機能の低下を招きます。私たちのあらゆる器官は、使わないと機能が衰えることはご存知でしょうか?筋肉も使わないと衰えていきますよね。それと同じことなのです。鼻も同じで使わないでいると、鼻には汚れだけがたまってしまいます。空気を出し入れする動作によって、鼻の働きを活性化させる上でも重要なのです。

 

酸素の吸収率

 

そして鼻呼吸と口呼吸の大きな違いの一つに、酸素の吸収率が違うことが挙げられます。鼻呼吸の方が口呼吸に比べて血中に酸素を送ってくれます。口呼吸により十分な酸素が送られないと、睡眠の質が落ち、日中も疲れやすい、気力が出ない、また子供の場合、脳の発達に影響がでる。学力の低下。等報告されています。

 

 "The children do not sleep well at night due to obstructed airways;this lack of sleep can adversely affect their growth and academic performance. Many of these children are misdiagnosed with attention deficit disorder(ADD) and hyperactivity."

(口呼吸による睡眠不足が原因で学力の低下が生じ、多くの子供たちは注意欠如障害、多動性障害と誤診されている。)

Gen Dent.2010 Jan-Feb;58(1):18-25

 

ここまでで(少しですが)口呼吸から鼻呼吸に変えるべき理由をお分かり頂けましたでしょうか?

 

最後は口呼吸を続けた場合の顔貌、骨格の変化についてお話しします。

 

口呼吸は身体の内部のみに影響するのではなく、お顔などの外見にも大きく影響してきます。

 

ではどんな風に変わっていくのでしょうか。

 

girl covering her face

 

|The Effect of Mouth Breathing

口呼吸の影響

 

子供の時に口呼吸を改善しないと、、

 

 

・顔(骨格)は垂直的に細長く伸び、下顎は後ろに引かれる

 

・上顎のアーチが狭窄(きょうさく)してくる(上顎がVの字の形になる)※図3参照

 

・不正咬合を招く

不正咬合について詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

▶︎大人の矯正 ▶︎子供の矯正 ▶︎子供の歯並び

 

 ・ガミースマイル(※笑うと上の歯茎の大部分が見える状態)

 

・無気力な顔貌になる

 

・口が開き、舌が下がり、気道が狭くなり、姿勢が悪くなる

 

・睡眠時無呼吸症候群になる

※睡眠時症候群は口呼吸とダイレクトにリンクしていると最近では言われています。

▶︎睡眠時無呼吸症候群についてはこちら

 

・虫歯や歯周病になりやすくなる

▶︎歯のクリーニング ▶︎ 虫歯の治療

 

 

"Mouth breathing causes a dry mouth,which creates an ideal environment for bacteria to multiply,leading to gum disease and teeth decay.In addition,children who habitually breathe through their mouths have a far greater likelihood of developing crooked teeth.
(口呼吸は、口の中の乾燥の原因となります。これは細菌が住みつくのに理想的な環境なので、歯周病や虫歯の原因にもなります。習慣的に口呼吸する子供は歯並びが悪くなる可能性がずっと高くなるのです。)
"Dr Flutter,J.,The Negative Effects of Mouth Breathing,Brisbane"

 

口呼吸を放っておくと、これらの問題が起こる可能性があります。なぜなら口で呼吸をすることにより、口が開き、口が開くと舌が下がります。すると、口周りの筋肉が弛緩され顔全体の筋肉も衰えてきます。筋肉が使われず衰えていくと、口周りの機能がどんどん低下され、このような変化が起きてくるのです。

 

図1は、鼻呼吸と口呼吸の顔貌の違いを表しています。上段が鼻呼吸、下段が口呼吸です。骨格の形・目の垂れ下がり・頬骨・鼻の骨の形・顎の骨の形、位置・気道の大きさ・歯並び、それぞれの違いを比較しています。

 

図1

 

図1

 

 

図2は、実際の口呼吸を続けた方の外見の変化を見たものです。1番左が10歳の頃、右側の2枚が17歳の頃の斜めと横から写した顔写真です。(同一人物です)図1の下の図のように、目、頬、唇は垂れ下がり、顎の成長も下方に伸び、顎が下がっている状態が見てお分かりだと思います。この方が鼻呼吸をし、MFTをやっていたら容貌は変わっていたのかもしれません。

 

David

図2 ※Dr.John Mew's Patient, David

 

図3は(左図)理想的な形をした上顎の歯のアーチと、(右図)内側に入り込み、狭窄(きょうさく)している上顎の歯のアーチです。右図は、アーチが狭くなり歯の並ぶスペースが確保されず、ガタついているのがよくわかります。

 

arch

図3

 

MFTで正しい筋肉の使い方をトレーニングする事によってこれらの予防、改善が可能になります。
※アレルギー、扁桃肥大、アデノイドなどがあり鼻呼吸が困難な場合は耳鼻咽頭科や医療機関の連携を図る必要もあります。

 

鼻の機能や口周りの筋肉は使わなければどんどんダメになる、というのが私たち人間の身体の大きな特徴です。

 

それぞれの使い方を正しくトレーニングし、より一層生活の質を高めて健康になって頂きたいと思います。

 

まずはご自身が口呼吸か鼻呼吸か意識し、自覚をしてみて下さい。

 

しっかり鼻で呼吸できるかチェックするとっても簡単な方法がありますのでお教えしますね。

 

簡単にできる鼻呼吸チェック法〉

 

くちびるをしっかり閉じ2分間鼻だけで呼吸をする。

 

 

これだけです。 

 

これができれば、常に唇を閉じ、鼻で呼吸する事はMFTの訓練により可能です!

 

是非試してみて下さいね。

 

以上、鼻呼吸、口呼吸についてでした。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

歯科衛生士 後藤

 

thank you2

 

 

銀座みゆき通りデンタルクリニックの歯科衛生士・後藤です。

Myo Mentor 認定マイオファンクショナルセラピストとして活躍しております。

口内環境を整えることの大切さなど皆様にとって有益な情報を発信いたします。

ぜひお気軽にLINE OFFICIALの友だち追加をしていただき、情報をお受け取りください。

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

スタッフブログ MFTの部屋

 

 


 

 

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

2019.10.23更新

 


Myofunctional Therapy

____

 

 HOME  ▶︎  MFTの部屋〜口腔筋機能療法〜  ▶︎  MFT(口腔筋機能)とは?

 


 

 

 

baby

 

 

MFT(口腔筋機能療法)とは?

Posted on October 23, 2019 by Mayuko Goto

 

 

皆様こんにちは!歯科衛生士、後藤です。

 

MFTの部屋をご覧頂きありがとうございます。

 

MFTの部屋では口の周りの筋肉(唇、頬、舌)に関係する健康のお話をお伝えしていきます。

 

私は現在本場アメリカのMFTを勉強中です。(MFT発祥の地、アメリカで活躍するアメリカ人の歯科衛生士/マイオファンクショナルセラピストSarah Hornsbyさんからマイオファンクショナルセラピスト認定講座を受けております。)

 

そんな最新MFT情報を皆様にお届けしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

皆様は MFT または 口腔筋機能療法 という言葉を聞いた事はありますか?難しくて馴染みのない言葉ですよね。インターネットで検索をすると大体は歯科医院と関連されて出てくるのではないでしょうか?そこで今回は意外と知られていないMFTについて(大まかになりますが)紹介していきます。

 

|History

 MFTの歴史

 

MFT は約100年前、1910年代に米国の矯正歯科医 Rogers AP により提唱されました。その後様々な発展を経て1970年以降、日本に臨床応用が開始されました。現在、日本では主に矯正歯科や小児歯科でMFTが実施されています。

 

さて、その MFT ( Myofunctional Therapy ) 口腔筋機能療法 とは何なのか?

  

 

|Myofunctional Therapy

 MFT とは?

 

MFTとは『歯を取り囲む筋肉の働きを良くするトレーニング』です。英語で Myofunctional Therapy の略語で日本語だと 口腔筋機能療法 と言います。

 

鍛える筋肉

 

具体的にどこの筋肉かというと唇を開けたり閉じたりする筋肉と舌の筋肉です。(舌は筋肉でできているのです!)口の”筋トレ”といった感じです。身体を鍛えるメリットは何となく思い浮かびますよね。 

 

ではなぜ口周りの筋肉を鍛えるの?と疑問に思うかもしれません。日常で舌の動きや無意識の時の舌の位置を意識して考える事はあまりないかと思います。姿勢を正しなさいと言われても舌の位置を正しなさい!と指摘される事はないですもんね。

 

まだまだ認知度が低いかもしれませんが口周りの筋肉を正しく鍛える事は QOL(Quality of life, 生活の質)と ADL(Activities of daily living, 日常生活活動)の向上に繋がります。特に舌の働きは生活をしていく中でとても大事な役割を担っているのです。

 

舌の大事な役割

 

舌は生きる上で必要な

 

・呼吸

・睡眠

・食 

 

に深く関係しています。

 

舌は味を感じる役割や食べ物を噛む助けをし、飲み込む時に働いてくれます。そして噛む為の大切な機能の中の一つが 『 』 です。口の筋肉、舌の筋肉が正しく機能されずに衰えていくと歯並びにも影響がでてくるのです。歯の並びは、舌、唇、頬 等の筋肉からいつも力を受けています。

 

この力のバランスによって歯並びや骨格が変化していくのです。(成長期に最も影響を受けると言われています。)

 

では口周りの筋肉のバランスが崩れる事によってどんな事が起こるかご説明します。

 

口周りの筋機能不足で起こる健康のトラブル

 

1. 不正咬合 

 Dental malocclusion

 

不正咬合とはかみ合わせが悪い状態の事を言います。

不正咬合にも色々なパターンがあります。詳しくはこちらをご覧ください
      ↓↓↓↓↓
▶︎大人の矯正 ▶︎子供の矯正 ▶︎子供の歯並び

 

 

2. 矯正治療後の新たな不正咬合

Orthodonticrelapse

 

矯正で正しいかみ合わせに治した後でも舌の力により歯が動かされてしまう可能性があります。

 

 

3. 頭蓋顔面の成長異常

Craniofacial developmental disoder

 

骨格の成長に影響を及ぼします。骨格性の受け口 開咬 などが挙げられます。

 

受け口には大きく分けて二種類あり骨格性の受け口(下顎の骨が長く前突している状態)と歯性の受け口(下の歯の列が上の歯の列より前突していて下顎が長く見える状態)があります。

 

骨格性の受け口は矯正治療だけでは治せません。下顎の長さを短くする方法としては外科手術となります。その一方で歯性の受け口の場合は矯正治療で治す事ができます。

 

よって、骨格性の受け口にできるだけならないようにする事が重要になるのです。

 

 4. いびき

Snoring

 

いびきが起こる原因として舌の位置と気道に深い関係があります。

 

いびきについて詳しくはこちらをご覧ください。

   ↓↓↓↓↓ 
 いびきについて

 

 

5. 睡眠時無呼吸症候群  

Sleep apnea syndrome

 

眠っている時に呼吸が止まる病気の事を言います。

 

4番目のいびきとリンクしているものでこれも舌の位置と動きに関係しています。MFTと重要な関わりがあるので後に詳しくブログでお話していきますね。

 

睡眠時無呼吸症候群について詳しくはこちらをご覧ください。
     ↓↓↓↓↓

睡眠時無呼吸症候群について 

 

 

6. 虫歯歯周病口臭  

Dental cavity,Periodontal disease,Bad breath

 

唾液は虫歯、歯周病、口臭予防の強い味方

 

口で呼吸する事で口の中が乾きやすくなります。さらに、舌や頬の動きが悪いと、唾液の流れが悪くなり、汚れがたまりやすくなるのです。口の中の乾燥や唾液の停滞は、ばい菌が繁殖するのを手助けしてしまいます。


口が乾くと唾液の作用が損なわれる

口臭にはいくつか原因がありますが、ニオイは唾液の量で決まります。

 

唾液には抗菌作用 ・浄化作用 ・歯の石灰化作用 ・消化作用 ・潤滑作用 ・味覚作用といった働きがあります。口で呼吸する事により口の中が乾き、唾液の量が減りこれらのメリットを受けられず口臭の原因を作ってしまうのです。

 

予防・治療についてはこちらをご覧ください。

     ↓↓↓↓↓

▶︎歯のクリーニング ▶︎ 虫歯の治療

 

 

ここまで大きく6つに分けて説明しましたが口周りの機能がきちんと働いていないとその他にも沢山の問題を引き起こす原因となります。口周りの筋肉だけでこんなにも身体に影響を及ぼす可能性があるのです。私達はMFTで口周りの機能を改善させる事によりこれらの問題を予防、改善を目指していきます。

 

日本では歯科衛生士がメインとなり指導にあたっていますが、アメリカではカイロプラクターや言語聴覚士、耳鼻咽喉科とチームを組んだり、歯科医療従事者以外の幅広い分野でMFTが行われているのです。それでも現状はまだまだ認知されていないとアメリカのMFT専門家は言っています。


ではもう少し掘り下げてMFTの具体的な内容をご説明しますね。



|Goal Of Myofunctional Therapy
 MFTの4つの目標

MFT

 

当院のMFTでは4つの目標をもとに取り組んでいきます。


1. 鼻呼吸

Nasal Breathing

 

鼻呼吸とは、鼻で吸って鼻から吐く呼吸をする事です。鼻呼吸を常に行える様にします。

 

2. 唇を閉じる

Lip Seal 

 

安静時や寝ている間も口は閉じた状態でいます。

 

3. 舌の正しい位置

Correct Tongue Posture

 

安静時や寝ている間、正しい舌の置く位置の確立。

 

4. 正しい嚥下(えんげ)の仕方

Correct Swallowing Pattern 

 

嚥下とは飲み込みの事を言います。飲み込む時の正しい舌の動かし方の確立。


この4つの目標が(起きている時、寝ている間と共に)正しく身につくと成長期の子供の骨格の発達は正しく誘導され将来起こりうる問題の予防につながります。もちろん成人の方が始めても遅くはありません。子供から大人まで対象となるトレーニングなのです。


|Four Core Symptoms

4つの症状

 

ではどうやってMFTが必要か見分けるのでしょうか。

 

kid with omg face 

 

1. 舌癖(ぜつへき)異常な嚥下(えんげ)パターン

Tonguethrust swallowing patten

 

舌癖とは舌の癖の事を言います。
舌が歯を押し出していないか、飲み込む時の舌の動きの状態はどうか等を見ます。

 

2. 舌の位置 

Low tongue posture

 

舌の位置が口の中の天井にあるか、下の歯寄りに下がっているか。
舌の位置でも細かく部分的に観察していきます。

 

3. 口呼吸 

Mouth breathing

 

口から息を吸って口で吐いている呼吸の仕方をしているかどうか。

 

4. 唇が開いている 

Open mouth posture

 

無意識の時の口がポカンとあいてしまっている状態かどうか。

 

これらの症状をよく観察し診断をしていきます。自分や家族が気づかない事もあるので専門家の判断も必要です。4つの内一つでも相当する場合はMFTが必要というサインになります。実は4つで分けてありますがそれぞれの症状は全て繋がりがあるのです。

 

皆様はいかがでしょうか?ご自身や、ご家族、身の回りの方を良く観察してみて下さい。きっと思っている以上にこの4つが出来ていない方がいることにお気づきになるのではないでしょうか。1番大事なことは気付く事です。まずそこから始めてみて下さいね。

 

4つの目標と症状については今後ブログで詳説していきたいと思いますので是非チェックしてくださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。


歯科衛生士 後藤

 

 

 thanks3

 

 

銀座みゆき通りデンタルクリニックの歯科衛生士・後藤です。

Myo Mentor 認定マイオファンクショナルセラピストとして活躍しております。

口内環境を整えることの大切さなど皆様にとって有益な情報を発信いたします。

ぜひお気軽にLINE OFFICIALの友だち追加をしていただき、情報をお受け取りください。

 

 


 

お問い合わせ・ご予約⇒ こちら

当法人の情報サイト

temp temp2

 


 

 

投稿者: 医療法人社団FINE DAYS

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正