院長BLOG

2017.02.06更新

こんにちは。今日は空が晴れ渡って、とても気持ちよいですね。

昨日は私の祖母の命日でした。

おばあちゃん

 

私のおばあちゃんは、平成20年2月5日に亡くなりました。
明治41年7月25日生まれ、享年100歳でした。

おばあちゃんは東京 仲見世で育った生粋の江戸っ子です。関東大震災の大火、第二次世界大戦の大空襲と生き延びた強者です。

それでも若い頃は、あまり体が強くなく、病気をよくしたそうです。戦後、温暖で空気や水のきれいな温泉地の熱海へ移り住みました。

亡くなる5年前から、徐々に介護が必要になり、余生を名古屋で過ごしました。
(名古屋は僕の生まれ故郷です)


おばあちゃんは歯が一本もありませんでした。

私が生まれたときには既に全ての歯がありませんでした。おそらく40年以上前に全ての歯を失っていると思います。私が小さいときから総入れ歯を使っていたのを覚えています。

総入れ歯はいくつか作ったようですが、亡くなるまでの30年間、同じ入れ歯を使っていました。おばあちゃんの入れ歯には固い人工歯を使っていましたが、30年使っている総入れ歯は、歯のすり減りがひどく、歯の咬み合わせ面はツルツルになっていました。通常、すり減った歯を修理するのですが、おばあちゃんの入れ歯は15年は修理していないはずです。もしかしたら、噛みにくい入れ歯を使っていたのかもしれません。

おばあちゃんは歯がなかったので顔の下半分が小さくなっていました。アゴの骨は使われないと萎縮してやせてしまうのです。おばあちゃんは丸顔ではありませんでしたが、入れ歯を外すとより顔が小さくなりました。

そんなおばあちゃんも入れ歯をしていると顔がしっかりしました。美容的にも歯があるとないとでは大違いですよ。たとえ一本でも歯が少ないと、お顔の雰囲気も違ってきますから。


30年使っていたおばあちゃんの総入れ歯は私の父が作ったものです。私の父は名古屋で歯医者をしていましたが、おばあちゃんが亡くなる13年前に他界しました。父はいなくなりましたが、おばあちゃんの体の一部として機能していたことは感慨深いものがあります。


歯はただの『もの』ではありません。美しさや健康、快活さも表現します。

もちろん、生きる源である『食』の、一番最初に使う、大事な大事な臓器です!

失ってはじめて気づくものがたくさんあります。皆さん、経験ありますか?

 

~~歯も同じです!失ってはいけません!~~

歯が痛くなったり、抜けてしまったり、歯並びが悪かったり。。
歯で悩んでいる人が、山ほどいます。

歯はないより、あったほうがいい!健康な歯があるのは幸せ


私は、歯の悩みを解決するお手伝いを一生します。

大好きだったおばあちゃんや、私が歯医者になる8ヶ月前に死んだ父に誓います。

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正