スタッフBLOG

2020.05.16更新

当院の患者ケン様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

 

今回は青ゴムについてわかりやすくご説明いただきましたglitter

 

 

「矯正治療では、青い小さな輪っか(青ゴム)を歯のすき間に入れる」ということを聞いたことはありますか?既に矯正治療をされている方や、矯正治療について詳しく調べている方はなんとなくご存知かもしれません。

 

この青ゴムは、「セパレーター」「セパレーティングゴム」などと呼ばれ、歯と歯の間に入れ、ゴムが縮まろうとする力を利用してすき間を空けます。歯にリング状の装置(バンド)を着ける場合、装置が着けられるようにすき間を空ける準備として使うものです。一人ひとりの歯の状態、矯正治療の計画は違いますので、必ず全員がこの青ゴムを入れるわけではありません。

 

青ゴムを入れる時期は、矯正装置を着ける前のため、矯正治療が始まってすぐであることが多く、「歯が動く痛みに慣れる」時期でもあります。

 

 

 

dire青ゴムは痛い?

 

痛みの感じ方は人それぞれで、「青ゴムが一番痛かった!」という方や、「全く気にならなかった」という方などさまざまです。おせんべいやりんごなど硬い食べ物を食べると痛みを感じやすいため、柔らかい食べ物を選ぶなど食事を工夫することで痛みが緩和されることもあります。

 

 

 

dire青ゴムを入れたあと、注意することは?

 

青ゴムを入れたら、歯磨きのときに食べかすなどを丁寧に取るように心がけて、清潔に保ちましょう。汚れが溜まると、口臭の原因にもなります。また、歯のすき間が空いてくると自然に取れますので、無理に取らないようにしましょう。

 

 

 

dire青ゴムが外れたり、飲み込んだりしてしまったら?

 

すぐに取れた場合は再度装着が必要なのか、そのままにしておいてよいのか、歯科医院の指示に従いましょう。青ゴムを入れるときに説明があるかと思いますが、間違って飲み込んでしまっても問題のない素材です。

 

 

矯正治療を始める前は、痛みやどんなことをするかなど、いろいろなことが不安だと思います。些細なことでも、スタッフへお気軽にご相談くださいね。

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、最新動画の通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

スタッフブログ MFTの部屋

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

SEARCH

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正