スタッフBLOG

2020.01.27更新

当院の患者ケン様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/q1Dv0SfYVFI

 

矯正治療をしていると、ワイヤーが歯ぐきに当たったり、ブラケット(歯に着けている矯正装置)が取れたりと、トラブルはつきものです。

 

ブラケットが外れる原因は、

 

dire装置を装着して時間が経ち、接着剤が劣化した

direかたいものを食べて欠けた

dire咬み合わせが深く負荷がかかっていた

dire金属の歯に着けていた

dire手でブラケットを触り、負荷をかけていた

 

などさまざまです。

 

もともとブラケットは矯正治療を終えた後に歯に負担をかけずに外せるようになっていますので、絶対に取れないように装着しているものではありません。

 

ブラケットが取れるのは仕方のないことであるということがわかりましたが、取れるの防ぐ方法としましては、矯正治療中はかたいおせんべいやお肉を食べるのを、なるべく避けるようにしましょう。

 

りんごの丸かじりも、矯正治療が終わってからお願いしています。

 

ブラケットが取れた場合はすべての歯の装置の着け直しではなく、取れた部分のブラケットのみを再度着けることが可能です。

 

すぐに歯並びに大きな影響を及ぼすことはありませんが、放置はのぞましくありません。

 

トラブルがあった場合は特に痛みがない場合でも、お口の中の状態をチェックするために、ご都合がつければ次のご予約の前に来院していただくこともあります。

 

当院で矯正治療をはじめてからも気になることがありましたら、「こんなことで連絡していいのかな・・・?」とお悩みになる前にご相談くださいね。

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、最新動画の通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

スタッフブログ MFTの部屋

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

SEARCH

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正