スタッフBLOG

2019.07.28更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介light bulb

 

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/L43R0WJumUk

 

矯正治療前に型どりをして作成した模型と、治療後の歯のシミュレーション模型を見比べています。

 

矯正治療前の下の歯の面の傾斜を見てみると、均一でなく、左右でもまた違います。

 

特に右側の傾斜がきつくなっていて、噛んだときに右側の歯が先に当たってしまっていたようですね。

 

傾いた歯を起こすなど、まっすぐに揃えるためにも、ワイヤーとゴムを使う段階はとても大切です。

 

 

上の歯も見ていきましょう。

 

今回K様は、上の歯はアーチを広げるために2種類のワイヤーを使用しています。

 

奥歯に不正歯列があることで前歯がガタガタになってしまっている場合は、抜歯をしなくてもアーチを広げて前歯が並ぶ余地をつくることが可能です。

 

内側に回転するように生えている歯を正しい向きに戻すことで、左側・右側の向かい合った歯の距離が広くなり、今まで並べていなかった歯を非抜歯で並べていくことができるようになります。

 

せっかく健康に生えている歯を失わないためにも、不正歯列の原因をしっかり調べてから矯正治療を開始することが大切ですね。

 

また次回もご覧下さい♪

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

SEARCH

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正