スタッフBLOG

2018.06.05更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

 

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/1bnPCOZCUVs

 

矯正治療が始まると歯に装置が着いているので

歯磨きがしにくいと感じる場合があります。

 

矯正治療中、歯磨きがしっかり出来ていないと

・虫歯になる

・歯茎が腫れる

などせっかく歯並びを綺麗にする治療をしているのに、

お口の中のトラブルが起きやすいんですlight bulb

 

歯磨きの仕方を工夫するだけで、

毎日の歯ブラシが比較的楽になり、

汚れも取りやすくなりますstar

 

【工夫1】ヘッドの小さい歯ブラシを使う

動画では「ワンタフト」という小さいヘッドの歯ブラシを使って

装置の隙間の汚れをかきだす磨き方が紹介されていました。

奥歯から前歯まで色んな方向からやさしく磨いていくと、

お口の中を清潔に保つことができます。

この小さなヘッドのブラシでも磨くのが難しい場合は、歯間ブラシを使って

汚れをかき出すという方法もおすすめです。

 

いつも使っている通常の歯ブラシと、

このような隙間を磨く用の歯ブラシを組み合わせて磨きましょう。

 

 

【工夫2】フロスで歯と歯の間の汚れを取る

虫歯の原因は、見える汚れだけではありませんtoothmagnifier

歯と歯の間の汚れをそのままにしておくと

虫歯や歯周病になりやすい状態となってしまいます。

 

「普段から気をつけてるよ!」という方も多くいらっしゃいますが、

矯正治療中は普通の歯ブラシが歯と歯の間に届きにくいので、

より注意して磨く必要がありますlight bulb

 

使い方に慣れるまでは難しいかもしれませんが、

装置の下から通すことで

装置が着いていても糸状のデンタルフロスを使って

歯と歯の間の汚れをかき出すことができるんです。

 

 

動画に登場した歯磨きの道具は

当院の受付にて販売していますflower2

 

気になる方や使い方が分からないときは

お気軽にご質問くださいね。

 

 

また次回もご覧下さい♪

 

 

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正