スタッフBLOG

2018.04.23更新

当院の患者K様による矯正治療レポート動画のご紹介flower2

 

今回はいよいよ

デジタルパノラマ・セファロX線撮影装置を用いて

レントゲンの撮影を行っていきます。

 

 動画が再生できない方はこちら

https://youtu.be/s8Ldt5IsD70

 

 

x-ray撮影により、天然の歯の状態、歯の詰め物・被せ物の有無だけではなく

左右の顎の関節や、歯並びの向きと顎の向きのズレを見比べることができていましたねleaf

 

 

x-ray撮影も、もちろん診断時や矯正治療中に大切な検査のひとつです!

 

検査では世界共通の規格にて、何枚か撮影していきますが・・・

例えば受け口の場合light bulb

顎が前に出てきていることだけが原因ではなく、

上の顎が後ろに下がっていることで受け口になっているケースもあるのです。

 

歯並びを正確に治していく上で

x-ray撮影で分か歯や顎、骨格の特徴が

重要な診断材料となっていきます。

 

そして、

歯と顔の部分のみのx-ray撮影ですが、

当院では撮影時に鉛エプロンを着用して頂き、より安全に検査ができるよう努めております。

 

検査でわからないことがありましたら、

お気軽にお聞きくださいねstar

 

 

また次回もご覧下さい♪

 

 

 

動画を気に入っていただけたら「いいね!」お待ちしておりますflower2

今後の動画が気になる方はチャンネル登録をすると、動画アップの通知が受け取れますので、よろしければぜひご登録ください^^

 

 

 ブログをご覧いただきありがとうございますheart2

 

 

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

お問い合わせ・ご予約⇒こちら

 

leaf当法人の情報サイト

受け口・反対咬合専門 マウスケア辞典

★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★★・*:..。★★*゚¨゚゚・*:..。★

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正