院長BLOG

2016.01.03更新

歯並びをキレイにするために、犠牲にされる健康な歯の話。

もう、歯を傷つけたくないのです。

わかって欲しいから、書いています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

◎見た目はキレイに揃います。でもその中身は…

 


 歯の神経を取った後、ガタガタになっている部分を削って形を整えていきます。

 


それを見た目を治したいすべての歯にします。

 


そして、歯は半分以上なくなります。

 


その部分に人工の歯をつけるのです。

 


芸能人でもやっている人はたくさんいますが、自分の歯の質は、

 


ほとんどなくなっているはずです。

 

 施術中、その行程を患者さんに見せるということはありませんでした。

 


医療行為として治療するときは、

 


「虫歯で歯のここに穴が開いているから、こういう材料で詰めますね」

 


と説明しながら行うものです。

 


しかし、美容歯科や審美歯科で患者さんに鏡を見せるのは、最初と最後だけです。

 


もし途中を見せたら、患者さんはびっくりしますよ。

 


麻酔して歯を削り、神経を取って歯の頭の部分を削り取ると、

 


歯が一瞬なくなるんですから。

 

(もちろん歯の頭の部分は本当に無くなっています)

 

それは恐ろしい光景です。

 


処置中に次の来院まで用の仮歯まで作ってしまうので、

 

処置が終わり起き上がって鏡を見るときは、

 


もう違うものが入った姿です。

 


中身はどうなっているかについて、これから10年後どうなっていくかなどは

 


説明されないことがほとんどではないでしょうか?

 

【パート4へ続く】

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正