院長BLOG

2015.12.08更新


動物を使ったある実験があります。

 

ラット(ネズミ)にストレスを与え続けるとやがて胃潰瘍を発症し、

 

棒をかじらせているラットには潰瘍が生じにくい。

 

【かじる】という行為が、ストレスを緩和させているのですね。

 

 

人間も『歯ぎしり』や『噛みしめ』をして、ストレスを無意識に発散しているのです。

 

歯がその役目を果たしているのですね。

 

ですから、歯と歯が機能的にうまく咬み合ってないと、本来発散できるはずのストレスも発散できません。

 

すなわち、咬み合わせが悪いと、ストレスは効率的に発散できないのです。

 

 

歯ぎしりとストレス

 

【噛むことと胃潰瘍の関係(日本歯科評論 Vol.65 No.8 特集ストレスと咬合 咬合医学の提言より)】

 

ストレスをうまく発散するためには、歯の咬み合わせはとても重要です。

 

人間においても、ちゃんと噛めている状態であれば、ストレスをためにくい性質になります。

 

咬み合わせを良くしておくことは、このストレス社会をうまく生き抜くためにも、非常に有効であるとさえ感じます。

 

お子さまの場合も、見た目だけでなく、咬み合わせを整える矯正治療が 必要だと思います。

 

 

永久歯がゆがんで生えてきた場合は要注意です。

 

お気軽にご相談下さい。

 

ご相談 メールフォーム

 

 

投稿者: 銀座みゆき通りデンタルクリニック

  • 銀座キッズデンタルパーク
  • 抜かない歯の矯正